スポンサーリンク

Retinaディスプレイで考える画素数と解像度の関係

2012 年 7 月 17 日 コメントはありません

画素数、そして解像度。
一見すると同一に考えてしまいそうになるが、その関係はどうなっているのだろう?
ここでは目にすることの多いiPhone4Sを例に取って考えてみよう。

iPhone4Sのスペック表を見ると、ディスプレイの部分に「960×640ピクセル 解像度326ppi」と書かれている。
これはどういう意味だろうか?

まず、iPhone4Sのディスプレイサイズは3.5インチだ。だが、面積が3.5平方インチなわけではない。
一般にディスプレイのサイズを表す「インチ」は、面積ではなく対角線の長さである。
実際にものさしでiPhone4Sのディスプレイの対角線を測ってみると約9cmだった。1インチは2.54cmだから、9÷2.54=約3.5インチだ。
同じようにディスプレイの縦の長さを測ると約7.5cm、横は約5cmだった。
ピタゴラスの定理でいくと、7.5^2+5^2=81.25だから、約9^2で計算がほぼ合う。

おっと、cmだと日本人にとって分かりやすいが、スペックはインチ表記なので、再びインチにしておこう。
縦=7.5cm=約2.95インチ
横=5cm=約1.96インチ
面積=約5.78平方インチ

話を一歩進めよう。ピクセルというのはいわゆる画素数のことだ。「ピクセル=解像度」と勘違いしやすいので注意しよう
iPhone4Sのディスプレイは、縦に960ピクセル、横に640ピクセルである。
つまり、ディスプレイ全体で、画素数は614400ピクセルあるわけだ。

次に解像度だが、ppiというのは、PixelPerInchの略だ。つまり1インチの長さにいくつ点=ピクセルがあるか、ってこと。これはドット、dpi(DotPerInch)と呼ぶ場合もある(特に印刷業界)。インチ当りの密度と言える。
iPhone4Sは326ppiということなので、1インチ四方だと、二乗して106276ピクセルだ。
先ほど計算した面積は約5.78平方インチなので、106276ピクセルを乗ずると、約614275ピクセルとなる。
分かったと思うが、この数値は画素数の614400ピクセルとほぼ同じである。ものさしで測っただけなので誤差が出てしまっただけだろう。

逆に画素数と解像度からディスプレイのサイズを求めることも出来る。
614400ピクセル÷326ppi^2=約5.78平方インチ
√5.78=約2.4インチ/辺
2.4^2+2.4^2=11.52=約3.4^2
つまり、対角線は3.4インチ。0.1少ないけど、ほぼ合った。

これが画素数と解像度の関係である。
簡単に言えば、iPhone4Sの3.5インチサイズのディスプレイの中に614400個の点々が入っている。
画素数だけ言われても、密度(またはディスプレイサイズ)が分からなければ高解像度なのかそうでないのか判断が出来ない。

続きはこちらから

カテゴリー: ガジェット タグ: ,

Excelで作った表をGmailに貼りつける方法

2012 年 7 月 11 日 コメント 1 件

環境にもよるのかも知れませんが、Excelで作った表をGmailに貼りつけると罫線が消えることがあります。
表にはなっているのですが、罫線が見えないため、とても見えにくいですね。

1)Excelで表を作り、罫線を入れる

2)Gmailへそのままコピペするとなぜか罫線が消える

この問題を解決する方法が分かりました。

3)Excelの表をまずWordへコピペする

4)貼りつけたWordの表をさらにGmailへコピペすると罫線が表示される

これで解決です。

カテゴリー: 仕事 タグ: ,

FlashでGETクエリを取得し表示させる

2012 年 7 月 6 日 コメントはありません



初期化 | Flash文字切り替え | 何も表示しない

FlashのActionScriptでURLからGETでクエリ引数を取得し、それを表示してみましょう。

例えば、「http://www.hoge.com/hoge.swf?moge=%E3%81%BB%E3%81%92abc」というようなアドレスにアクセスすると、Flash上で「ほげabc」と表示される場合を考えます。
これを応用すれば、CGIやJavaScriptなどとFlashを組み合わせることが可能になりますね。

上記の例だと、FlashのActionScriptでは、「moge」という変数に、「%E3%81%BB%E3%81%92abc」という値が入ったことになっています。
あとはこれを表示してやるだけです。但し、空白でも自動的に「undefined」という値が入ってしまうので、ifで少し調整します。値がない場合は何も表示させないわけです。

これでmoge1というダイナミックテキストが配置された場所に、「ほげabc様、ようこそ!!」と表示されれば成功です。

ちなみに%から始まる文字列はURLエンコードされていますので、読み込むと日本語にデコードされます。
アドレスに日本語は使わないほうがいいので、エンコードしたアドレスを使ってください。

参考.flaファイルを置いておきます(CS5以上)。

以上ご参考にされて下さい。

カテゴリー: ウェブサイト構築 タグ: ,

Flashの表示・非表示の切り替え

2012 年 7 月 4 日 コメントはありません

FlashのActionScriptでは、レイヤー表示に関するコントロールは出来ないそうです。
つまり、レイヤーを表示するかしないかをActionScriptで操作できないということです。
.swfを書き出す際に、レイヤー情報が失われてしまうのがその理由だとか。

では例えばボタンを押すことで表示・非表示を切り替えるにはどうすればいいのでしょうか?
それは、指定のインスタンスのvisibleをコントロールすることで解決します。
ボタンのActionScriptで、表示・非表示を切り替えたいインスタンスに「_visible」プロパティをつけるのです。_visibleが「true」なら表示、「false」なら非表示になります。

サンプルのActionScriptコードです。

このActionScriptを、フィールドに配置したボタンシンボルに埋め込みます。
そして、そして同じくフィールドに配置したムービークリップシンボルに「taiyo」というインスタンス名をつけます。
これでボタンをクリックすると、ムービークリップの表示・非表示が切り替わります。

参考.flaファイルを置いておきます(CS5以上)。

以上ご参考にされて下さい。

カテゴリー: ウェブサイト構築 タグ: ,

iPhone5は世界中で使える?

2012 年 6 月 30 日 コメントはありません

日本では以前まで3.9Gと呼ばれていた4GのLTE(Long Term Evolution)、実はこれにも規格が二つあります。
一つは日本勢(docomo/au/SoftBank)が採用した(する)FDD方式のLTE(周波数分割複信:LTE FDD)、そしてもう一つは、世界最大のキャリアである中国移動が主に推進しているTDD方式のLTE(時分割複信:TD-LTE)です。
中国移動は3Gの際にも独自のTD-SCDMAを推進していますが、これは世界的に全く採用されていません。そのせいで対応端末が不足している中国移動では3G普及の妨げになっています。
しかし、4GのTDD方式のLTEは、他の国でも採用が検討されています

そこで問題になるのが、各メーカーの端末です。
通信規格がバラバラでしたら、色んなモデルを作らなければならず、やっかいです。
本年10月に発売されると一部で報道されているiPhone5はどうなるのでしょうか?
iPhoneは今までハード的には世界的に共通でした。つまり、どこの国で発売されても対応できるようにしてきたのがiPhoneなのです。

さて、通信技術開発会社のクアルコムからあるチップセットが発表されました
MDM9615という通信チップセットです。
このチップセットは、4G LTEの両規格(LTE FDD/TD-LTE)、そして3G 全規格(W-CDMA:HSPA+/CDMA2000:EV-DO Rev.B/TD-SCDMA)をサポートするそうです。

iPhone5ではこのMDM9615が採用されるのではと噂されています。
つまり、このチップセットが採用されれば、iPhone5は世界中で4G規格を使える端末になります。
と、ここまでは通信規格の話です。
これ以外に世界中でさまざまな周波数(バンド)が使われています。各国、各キャリアの周波数にも対応しないと結局は世界中で使えないので、どうなるか結局は未知数です。

先日発売された第3世代の新型iPadはFDD方式のLTEが採用されましたが、対応している周波数が日本と違ったため、日本で4G通信を使うことはできませんでした。
iPhone5には期待してもいいのでしょうか?!
ワクワクします。

日本時間で2012年9月13日、iPhone5が発表されました。
対応しているLTEの周波数によって、モデルが3つあるみたいです。
次期モデルあたりでは通信チップによって全対応で再び統一されるのでしょうか。
なお、LTEの規格は、FDD LTEで、TD-LTEには対応していないようですね。この噂は悪い方に外れてしまいました。
こういう通信的な部分で言えば、iPhone5は期待外れでしたね。auのLTEの本命周波数であるバンド18と26にも対応してないですし。
真に世界中で使えるiPhoneは次期5S/6になるのでしょうか・・

[GSMモデル A1428]
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、LTE(バンド4および17)

[CDMAモデル A1429]
CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1900、2100MHz)、UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、LTE(バンド1、3、5、13、25)

[GSMモデル A1429]
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、LTE(バンド1、3、5)

これを見る限りでは、CDMA2000に対応している上にLTEの対応周波数の多い「CDMAモデル A1429」が良さそうに思えます。

カテゴリー: 中国生活向上委員会 タグ: , , , ,
スポンサーリンク
スポンサーリンク