スポンサーリンク

アップルはなぜ強いのか。

2012 年 8 月 16 日 コメントはありません

iPhoneってボタンが少ない。よく使うのは1つか2つ。
それに引き換え日本のテレビのリモコンの複雑さときたら!
そして間違いなく売れているのは技術に優れた日本製品ではなく、アップルのiPhoneの方である。
朝陽不犯ども残星光を奪る」と言うが、ジョブス一人で世界最強の技術と製造を誇る日本企業が蹴散らされてしまったように思えてくる。
ここではアップルの何が他(日本企業)と違うのか、様々な意見を見てみよう。

マーケット・インとは「マーケット=市場」に合わせた、商売のやりかた。マーケット分析をして「消費者のニーズ」に合わせたもの作りをする、ということだ。
プロダクト・アウトとは「プロダクト=商品」を市場に問う、商売のやりかた。独自の企画や技術などを、マーケットに対して「どうだ!」と勝負する、ということだ。
アップルのジョブスは完全な「プロダクト・アウト」の人間だ。市場に合わせようなんて気はほとんどない。「自分たちが市場を作っていくのだ」という精神である。

なぜAppleはSonyになれたのか?
どれほどAppleが–昔日の–Sonyになりたかったのか、どれほどJobsがAppleをSonyにしたかったのかの証拠はいくらでもある。盛田昭夫の死を悼むJobsの姿は、そのほんの一例に過ぎない。
なぜ今のAppleはかつてのSonyになり、そして今のSonyはかつてのAppleになってしまったのか。
私の答えは、こうだ。個人が利用する製品を個人に売り、買った本人から代価を得ているから。
まずは誰を顧客にするか決めること。それが決まらないことには、どんな人員配置が適切かなんてわかるわけがない。

アップルの強さは、単にデザインやジョブズの現実歪曲空間だけにあるのではない。柔軟な雇用関係のもとに、「いかに製造コストを下げるか」「どこまで在庫を減らせるか」「どうやって優秀なソフトウェア・エンジニアを雇うか」に常に目を光らせ、「魅力的な製品を安く」作る事に最適化している点にある。
日本の家電メーカーは、未だに終身雇用制の呪縛に縛られているため、工場の閉鎖も簡単にはできないし、技術者の入れ替えもままならない。それどころか、コスト削減のために新卒の採用を減らしているため、平均年齢が40才を超えている。今までソフトウェアを軽視してゼネコン・スタイルで開発をして来たために、社内にはソフトウェアが自分で書けるエンジニアはほとんどおらず、自分でソフトウェアも書けないくせに、給料だけは高い「自称エンジニア」が仕様書だけ書いて下請けに丸投げしているのが現状だ。

続きはこちらから

カテゴリー: ガジェット タグ: , , ,

生産管理の知識

2012 年 7 月 22 日 コメントはありません

生産管理とは何ぞや?
一言で言うなら、お客様の求める製品の「品質」「コスト」「納期」を理解し、それを達成するために、「人」「物」「設備・場所」「金」「方法」を最大限活用し、管理すること。
よって、様々な部門や人とやり取りしなければならず、ものづくりの中心となるべき管理と言える。
ここではその知識をまとめてみたい。

生産管理に関わりのある部署

・顧客(営業)
お客様の求める品質、コスト、納期を理解する。
・企画/設計/原価管理
どのような製品なのか理解する。
・製造
実際の製造を理解する。
・製造技術
製造方法を理解する。
・品質管理
品質を理解する。
・購買
製造に必要な材料や設備を理解する。
・人事
製造に必要な人を理解する。
・総務
製造に必要な場所を理解する。

生産管理の流れ

1)お客様(営業)の依頼に基づき、量産の計画を立てる。
必要な日数、必要な人員数、必要な材料、必要な設備や場所、必要な情報を確認し、計画する。

2)1の計画に基づき、関係部署と打ち合わせる。
人は足りるか? 必要な材料は間に合うか? 必要な設備や場所は確保できるか? 必要な情報は揃っているか? 工程に問題はないか?

3)2の打ち合わせで出た問題を解決する。解決できない場合はお客様と相談を経て、1の計画を変更し、再び打ち合わせる。

4)量産前確認会議を行う。
関係部署と量産前に2で決定したことが問題ないか最終的に確認を行う。

5)量産を行う。
実際に製造現場に立会い、製造に問題がないか確認する。問題がある場合は関係部署に確認し解決する。
また、数量的に計画通りの生産ができているかの確認を行う。

6)品質の確認を行う。
量産でできあがった最初の製品に品質上の問題がないか品質管理部門と確認する。問題なければ量産を続ける。
また、お客様と合意した品質基準に基づいて、出来上がった製品の必要な検品を行う。

7)出荷する。
5の数量的確認をふまえ、出荷の準備をする。
倉庫の確保や配送の準備を行い、お客様に出荷予定の案内を行う。
必要な数量が揃ったら出荷する。

8)フィードバックに対応する。
製品のクレームを受けたら、各部署と原因を確認し、対応を協議し、お客様に対処する。

続きはこちらから

カテゴリー: 仕事 タグ: ,

Tシャツの知識

2012 年 7 月 20 日 コメントはありません

Tシャツに関する知識をまとめてみたいと思う。

Tシャツは一種の編み物(ニット)である。編んだ生地を切り、縫製するのでカットソーとも呼ばれる。
話は逸れるが、編み物以外に織物と呼ばれる生地がある。織物とは縦と横の糸で織ったもの、鶴の恩返しで鶴が作っていた反物が織物の生地だ。
そして、編み物とは誤解を恐れずに言えば、一本の糸を編んで作った物だ。
編み物と言えば、女の子が好きな男の子のためにマフラーを編んだりすることを想像してしまうが、同じようにTシャツも細い糸を細かく編んで作っている。
1mmもいかないような細い糸を相当に細かく編んでいる。現実的に人間の手で作れる物ではないので、生地は編み機と呼ばれる機械で作られている。
つまり、織物で作る衣料品の歴史は長いが、Tシャツなどのカットソーと呼ばれる衣料品は近代になって作られ始めたと言える。
Tシャツと言えば安価な物を想像してしまうが、昔の人はTシャツを着ることは出来なかったわけだ。

Tシャツは様々な糸、様々な編み方、染め方をされて作られた生地を、様々な縫製を行うことで作られる。
もちろんその後にプリントして柄を入れたり、付属品を付けて付加価値を上げたりもするが、ここでは生地と縫製についてまとめようと思う。

・スパン(紡績)
植物繊維や動物繊維などの短い天然繊維を紡いで長くした糸。
・フィラメント
化学繊維などの長く作られた繊維を撚った糸。
天然繊維は短いためスパンしか作れないが(絹は除く)、化学繊維は調整できるのでスパンもフィラメントも両方作れる。

糸番手は数値が低いほど太い。
40双糸というと、40/2などと表記する。この場合40番手の糸を2本撚って作るので実際は20番手の糸と同じ太さ。2本撚ることで強くなり、しなやかさを残している。
番手表記は綿などで使う。840ヤード(768.1m)で1ポンド(453.6g)の糸が1番手。同じ1ポンドで倍の1680ヤードの糸が2番手。
40番手の糸は33600ヤードで1ポンドの糸。それを2本撚って作ったのが40双糸。
なお、糸が1本の場合は単糸と言って、20/1、20/-、20/sなどと表記する。
1番手=840ヤード=1ポンド
2番手=1680ヤード=1ポンド
40番手=33600ヤード=1ポンド

なお、合成繊維などではデニール表記を使うことが多い。
1デニール=9000m=1g
2デニール=9000m=2g
40デニール=9000m=40g
1番手=9000m=5314.88g=5314.88デニール
2番手=9000m=2657.44g=2657.44デニール
40番手=9000m=132.872g=132.872デニール

糸の処理の仕方(綿花を紡ぐ最終工程で丹念にコーマ通し/コーミングすること)でランクが分けられる。
・コーマ糸
不良部分を15-25%取り除いている。
・セミコーマ糸
不良部分を10%取り除いている。
・カード糸
不良部分を5%取り除いている。

編み方

・天竺編み(メリヤス編み)
もっとも一般的。裏表が違う。
・フライス編み
首や袖の「リブ」に使われる、強度も大変高く強い伸縮性のある編み方。
・スムース編み
フライス編みを2つ組み合わせた両面編みの別称。表裏どちらの面から見ても編目がなめらかで、多少厚みのある質感と、適度に抑えられた伸縮性が特徴。
・鹿の子編み
ポロシャツによく見られる表面に凹凸のテクスチャが出る編み方。プリントの際には天竺ほど色乗りが良くなくフラットに仕上がりにくい。
・目付けについて
編み方の密度のこと。甘い(ゆるい)、度詰め(きつい)などと表現する。

厚み

Tシャツだと1平方ヤード当りのオンス(oz)での重量表記が多い。
・3-4oz
薄手生地、価格もリーズナブルなものが多いですが、高品質の薄手素材もあります。
・5-7oz
一般的にヘビーウェイトと呼ばれる厚手の生地で、しっかりしたタイプ。
・9-13oz
スウェット(トレーナーやパーカー等)の生地で、12oz以上はかなり厚手の生地。
例:5.6oz(159g)/平方ヤード=約190g/平方メートル

生地の重量相互換算機(グラム/平方メートル⇔オンス/平方ヤード)


続きはこちらから

カテゴリー: 仕事 タグ:

Retinaディスプレイで考える画素数と解像度の関係

2012 年 7 月 17 日 コメントはありません

画素数、そして解像度。
一見すると同一に考えてしまいそうになるが、その関係はどうなっているのだろう?
ここでは目にすることの多いiPhone4Sを例に取って考えてみよう。

iPhone4Sのスペック表を見ると、ディスプレイの部分に「960×640ピクセル 解像度326ppi」と書かれている。
これはどういう意味だろうか?

まず、iPhone4Sのディスプレイサイズは3.5インチだ。だが、面積が3.5平方インチなわけではない。
一般にディスプレイのサイズを表す「インチ」は、面積ではなく対角線の長さである。
実際にものさしでiPhone4Sのディスプレイの対角線を測ってみると約9cmだった。1インチは2.54cmだから、9÷2.54=約3.5インチだ。
同じようにディスプレイの縦の長さを測ると約7.5cm、横は約5cmだった。
ピタゴラスの定理でいくと、7.5^2+5^2=81.25だから、約9^2で計算がほぼ合う。

おっと、cmだと日本人にとって分かりやすいが、スペックはインチ表記なので、再びインチにしておこう。
縦=7.5cm=約2.95インチ
横=5cm=約1.96インチ
面積=約5.78平方インチ

話を一歩進めよう。ピクセルというのはいわゆる画素数のことだ。「ピクセル=解像度」と勘違いしやすいので注意しよう
iPhone4Sのディスプレイは、縦に960ピクセル、横に640ピクセルである。
つまり、ディスプレイ全体で、画素数は614400ピクセルあるわけだ。

次に解像度だが、ppiというのは、PixelPerInchの略だ。つまり1インチの長さにいくつ点=ピクセルがあるか、ってこと。これはドット、dpi(DotPerInch)と呼ぶ場合もある(特に印刷業界)。インチ当りの密度と言える。
iPhone4Sは326ppiということなので、1インチ四方だと、二乗して106276ピクセルだ。
先ほど計算した面積は約5.78平方インチなので、106276ピクセルを乗ずると、約614275ピクセルとなる。
分かったと思うが、この数値は画素数の614400ピクセルとほぼ同じである。ものさしで測っただけなので誤差が出てしまっただけだろう。

逆に画素数と解像度からディスプレイのサイズを求めることも出来る。
614400ピクセル÷326ppi^2=約5.78平方インチ
√5.78=約2.4インチ/辺
2.4^2+2.4^2=11.52=約3.4^2
つまり、対角線は3.4インチ。0.1少ないけど、ほぼ合った。

これが画素数と解像度の関係である。
簡単に言えば、iPhone4Sの3.5インチサイズのディスプレイの中に614400個の点々が入っている。
画素数だけ言われても、密度(またはディスプレイサイズ)が分からなければ高解像度なのかそうでないのか判断が出来ない。

続きはこちらから

カテゴリー: ガジェット タグ: ,

Excelで作った表をGmailに貼りつける方法

2012 年 7 月 11 日 コメント 1 件

環境にもよるのかも知れませんが、Excelで作った表をGmailに貼りつけると罫線が消えることがあります。
表にはなっているのですが、罫線が見えないため、とても見えにくいですね。

1)Excelで表を作り、罫線を入れる

2)Gmailへそのままコピペするとなぜか罫線が消える

この問題を解決する方法が分かりました。

3)Excelの表をまずWordへコピペする

4)貼りつけたWordの表をさらにGmailへコピペすると罫線が表示される

これで解決です。

カテゴリー: 仕事 タグ: ,
スポンサーリンク
スポンサーリンク