スポンサーリンク

Flashの表示・非表示の切り替え

2012 年 7 月 4 日 コメントはありません

FlashのActionScriptでは、レイヤー表示に関するコントロールは出来ないそうです。
つまり、レイヤーを表示するかしないかをActionScriptで操作できないということです。
.swfを書き出す際に、レイヤー情報が失われてしまうのがその理由だとか。

では例えばボタンを押すことで表示・非表示を切り替えるにはどうすればいいのでしょうか?
それは、指定のインスタンスのvisibleをコントロールすることで解決します。
ボタンのActionScriptで、表示・非表示を切り替えたいインスタンスに「_visible」プロパティをつけるのです。_visibleが「true」なら表示、「false」なら非表示になります。

サンプルのActionScriptコードです。

このActionScriptを、フィールドに配置したボタンシンボルに埋め込みます。
そして、そして同じくフィールドに配置したムービークリップシンボルに「taiyo」というインスタンス名をつけます。
これでボタンをクリックすると、ムービークリップの表示・非表示が切り替わります。

参考.flaファイルを置いておきます(CS5以上)。

以上ご参考にされて下さい。

カテゴリー: ウェブサイト構築 タグ: ,

iPhone5は世界中で使える?

2012 年 6 月 30 日 コメントはありません

日本では以前まで3.9Gと呼ばれていた4GのLTE(Long Term Evolution)、実はこれにも規格が二つあります。
一つは日本勢(docomo/au/SoftBank)が採用した(する)FDD方式のLTE(周波数分割複信:LTE FDD)、そしてもう一つは、世界最大のキャリアである中国移動が主に推進しているTDD方式のLTE(時分割複信:TD-LTE)です。
中国移動は3Gの際にも独自のTD-SCDMAを推進していますが、これは世界的に全く採用されていません。そのせいで対応端末が不足している中国移動では3G普及の妨げになっています。
しかし、4GのTDD方式のLTEは、他の国でも採用が検討されています

そこで問題になるのが、各メーカーの端末です。
通信規格がバラバラでしたら、色んなモデルを作らなければならず、やっかいです。
本年10月に発売されると一部で報道されているiPhone5はどうなるのでしょうか?
iPhoneは今までハード的には世界的に共通でした。つまり、どこの国で発売されても対応できるようにしてきたのがiPhoneなのです。

さて、通信技術開発会社のクアルコムからあるチップセットが発表されました
MDM9615という通信チップセットです。
このチップセットは、4G LTEの両規格(LTE FDD/TD-LTE)、そして3G 全規格(W-CDMA:HSPA+/CDMA2000:EV-DO Rev.B/TD-SCDMA)をサポートするそうです。

iPhone5ではこのMDM9615が採用されるのではと噂されています。
つまり、このチップセットが採用されれば、iPhone5は世界中で4G規格を使える端末になります。
と、ここまでは通信規格の話です。
これ以外に世界中でさまざまな周波数(バンド)が使われています。各国、各キャリアの周波数にも対応しないと結局は世界中で使えないので、どうなるか結局は未知数です。

先日発売された第3世代の新型iPadはFDD方式のLTEが採用されましたが、対応している周波数が日本と違ったため、日本で4G通信を使うことはできませんでした。
iPhone5には期待してもいいのでしょうか?!
ワクワクします。

日本時間で2012年9月13日、iPhone5が発表されました。
対応しているLTEの周波数によって、モデルが3つあるみたいです。
次期モデルあたりでは通信チップによって全対応で再び統一されるのでしょうか。
なお、LTEの規格は、FDD LTEで、TD-LTEには対応していないようですね。この噂は悪い方に外れてしまいました。
こういう通信的な部分で言えば、iPhone5は期待外れでしたね。auのLTEの本命周波数であるバンド18と26にも対応してないですし。
真に世界中で使えるiPhoneは次期5S/6になるのでしょうか・・

[GSMモデル A1428]
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、LTE(バンド4および17)

[CDMAモデル A1429]
CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1900、2100MHz)、UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、LTE(バンド1、3、5、13、25)

[GSMモデル A1429]
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、LTE(バンド1、3、5)

これを見る限りでは、CDMA2000に対応している上にLTEの対応周波数の多い「CDMAモデル A1429」が良さそうに思えます。

カテゴリー: 中国生活向上委員会 タグ: , , , ,

iPhoneとiPadの画面サイズと画素数、解像度、そしてアスペクト比のまとめ【更新中】

2012 年 6 月 19 日 コメント 3 件

iPhoneとiPadの画面サイズと画素数、解像度、そしてアスペクト比をまとめてみました。
アプリの開発や写真やビデオの編集の参考にされて下さい。

機種 画面サイズ
(インチ)
画素数 解像度 アスペクト比
iPhone 3.5 480*320 163ppi 3:2
iPhone 3G 3.5 480*320 163ppi 3:2
iPhone 3GS 3.5 480*320 163ppi 3:2
iPhone 4 3.5 960*640 326ppi 3:2
iPhone 4S 3.5 960*640 326ppi 3:2
iPhone 5 4 1136*640 326ppi 約16:9
iPhone 5s/c 4 1136*640 326ppi 約16:9
iPhone 6 4.7 1334*750 326ppi 約16:9
iPhone 6 Plus 5.5 1920*1080 401ppi 16:9
iPhone 6s 4.7 1334*750 326ppi 約16:9
iPhone 6s Plus 5.5 1920*1080 401ppi 16:9
iPhone 7 4.7 1334*750 326ppi 約16:9
iPhone 7 Plus 5.5 1920*1080 401ppi 16:9
iPhone 8 4.7 1334*750 326ppi 約16:9
iPhone 8 Plus 5.5 1920*1080 401ppi 16:9
iPhone X 5.8 2436*1125 458ppi 812:375(約2.165:1)
iPhone XS 5.8 2436*1125 458ppi 812:375(約2.165:1)
iPhone XS Max 6.5 2688*1242 458ppi 448:207(約2.164:1)
iPhone XR 6.1 1792*828 326ppi 448:207(約2.164:1)
iPhone 11 6.1 1792*828 326ppi 448:207(約2.164:1)
iPhone 11 Pro 5.8 2436*1125 458ppi 812:375(約2.165:1)
iPhone 11 Pro Max 6.5 2688*1242 458ppi 448:207(約2.164:1)
iPad 9.7 1024*768 132ppi 4:3
iPad 2 9.7 1024*768 132ppi 4:3
新しいiPad 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
iPad Retina 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
iPad (2017年03月発売版) 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
iPad (2018年03月発売版) 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
iPad (2019年09月発売版) 10.2 2160*1620 264ppi 4:3
iPad Air 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
iPad Air 2 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
iPad Air (2019年03月発売版) 10.5 2224*1668 264ppi 4:3
9.7インチiPad Pro 9.7 2048*1536 264ppi 4:3
10.5インチiPad Pro
(2017年06月発売版)
10.5 2224*1668 264ppi 4:3
11インチiPad Pro
(2018年11月発売版)
11 2388*1668 264ppi 199:139(約1.43:1)
12.9インチiPad Pro
(2015年11月発売版)
12.9 2732*2048 264ppi 約4:3
12.9インチiPad Pro
(2017年06月発売版)
12.9 2732*2048 264ppi 約4:3
12.9インチiPad Pro
(2018年11月発売版)
12.9 2732*2048 264ppi 約4:3
iPad mini 7.9 1024*768 163ppi 4:3
iPad mini Retina (2) 7.9 2048*1536 326ppi 4:3
iPad mini 3 7.9 2048*1536 326ppi 4:3
iPad mini 4 7.9 2048*1536 326ppi 4:3
iPad mini (2019年03月発売版) 7.9 2048*1536 326ppi 4:3

iPhone5が楽しみですね!!

追記(2014/9/10):
iPhone 6の発表に伴い、更新しました。

追記(2014/10/17):
iPad Air 2とiPad mini 3を追加しました。

追記(2015/02/22):
まあここ見ろって感じですが..

追記(2016/04/29):
色々追記と修正しました。

追記(2016/10/08):
遅れてすいません。7と7 Plusを追記しました。

追記(2017/03/21):
新iPadを追加.. まさかのただのiPadとは.. iPad Air3という噂だったんですが.. Appleの日本語のネーミングセンスはダメダメですね。

追記(2017/06/08):
10.5インチ版のiPad Proなどを追加しました。Appleのネーミングだと世代が分かり難い..
次は、iPhone 8ですね。他社端末ではすでに500ppiを超えるのが当たり前になって来ています。iPhone 4のRetinaディスプレイ(326ppi)は出た当初はかなり衝撃的でしたが、もはや時代遅れ.. 8では名誉挽回となるか?!

追記(2017/09/14):
8やらXを追記。名誉挽回とまでは行かず.. 正直地味にガッカリです。もちろん数字だけではない品質はあるのでしょうけど、インパクトに欠けましたね。

追記(2018/03/28):
昨年に続き廉価版のiPadが発表。さらに安くなると噂されていましたが、結局教育機関向けの割引のみで一般価格は昨年同様でした。マイナーアップデートとは言え、Apple Pencilが使えるようになったのは大きいですね。

追記(2018/09/13):
新しいiPhone3機種が発表されました。
細かい所は私もまだ未チェックですが、とりあえず画面情報をまとめました。
アスペクト比がXと微妙に違っていますね(XとXSは同じ、XRとXS Maxは同じ)。誤差の範囲と言ってしまえるレベルだと思いますが..
しかしMax..ねえ..?

追記(2018/10/31):
新しいiPad Proが発表されましたので更新です。
ほぼ噂通りでしたが、Apple Pencilには残念と言うほかありません。あの形しかなかったのかな?
ケースつけた状態で充電できるんですかね? ←結果もちろん出来ませんでした.. 該当部分は保護しないようにしないといけないです。

追記(2019/03/21):
まさか25日の発表会を待たずに予約を始めるとは..
10.2インチでは?とも言われていましたが、結局10.5インチ。廉価版としての9.7インチ版も残りました。
これでiPadは5画面サイズ。12.9、11、10.5、9.7、7.9。ある意味選択肢を多く用意するのがどことなく日本企業ぽいな。
ネーミングもまたまた先祖還り。型番で管理してるんでしょうけど、こっちは名前で判断するしかない場面が多いんだよね~

追記(2019/09/13):
今年のiPhoneは例年以上に不作ではないでしょうか。2年に一度はビッグチェンジのはずが、カメラ推しのみ。
5Gも画面上での指紋認証も全くなし。他社に比べて一体何周遅れなんだろう..貿易戦争も絡まって、いよいよAppleヤバいでしょ。
日本も値引きが制限されることになり、こんなガッカリ仕様では売れないだろうな~
で、iPhoneより遅れる、との予想に反してiPhoneと同時に発表の10.2インチ版iPad。今回が10.2インチでした。
Proがハイエンド、Airがミドルエンド、そして10.2の無印がローエンドという位置づけなんでしょう。
しかし、筐体的にはAirと差があまりなく、消費者には違いが分かりづらい。
今回の廉価版の10.2インチは安くなったし、かなり売れるのではないかと思います。

カテゴリー: ガジェット タグ: , , ,

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法を読んでみた

2012 年 5 月 7 日 コメントはありません

橘玲氏の書籍は何冊も読んでいますが、これも面白い一冊でした。

話が壮大に広がるので、内容についてまとめるのになかなか苦労しそうなので、以下のブログにお任せします。
金融日記:残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法、橘玲
ビジネスダンク:残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 [単行本]
No Second Life:僕らの遥かなる挑戦! 書評「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」 by 橘玲

結構ショックを受けるような内容なので、反発する人も多そうですが、実際に読まれることをお勧めします。

カテゴリー: 読書 タグ: , ,

iPhoneのベースバンドとは

2012 年 4 月 17 日 コメント 2 件

このブログに辿り着いたって事は、ベースバンド(BB=BaseBand)の意味を知りたいってことですね?!
ベースバンドとは一体何なのでしょうか?

iPhoneにはiOSというのが入っていますが、これはOSです。そして、そのバージョンとして、5.0.1や5.1などがあります。
実は、OSのバージョン以外にベースバンドというのがあるのです。
ベースバンドとは、いわゆるファームウェアというもので、これによってBluetoothやGPSなどの動作をコントロールしているようです。
ですから、同じiOSのバージョンでも、複数のベースバンドが存在します。つまり、ベースバンドにもバージョンがあるということです。
ベースバンドのバージョンによっては、脱獄(JailBreak)は出来ても、SIMロックは解除できない・・なんてこともあるようです。
例えば、iPhone4(Sではない)で、iOSが5.0.1、ベースバンドが04.11.08だと、今現在SIMロックの解除はできないみたいです
つまり、SIMロックを解除するには、iOSのバージョンだけでなく、ベースバンドのバージョンにも注意しないといけません。

さて、ベースバンドの確認方法です。
1.設定を開きます。

2.一般を開きます。

3.情報を開きます。

4.確認します。
バージョンがOSのバージョン、モデムファームウェアというのがベースバンドのバージョンです。

iOSはどんどん新しくなっていきます。
すぐにバージョンを上げたり、またはタイミングをはずすと脱獄やSIMロック解除出来なくなったりするようです。
脱獄したい方は常に最新の情報に注目しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク