スポンサーリンク

QPS研究所、小型SAR衛星5号機「ツクヨミ-I」の高精細撮影画像を公開

2024 年 2 月 21 日 コメントはありません

福岡市

https://i-qps.net/news/1783/

QPS研究所は、2024年2月1日(木)に小型SAR衛星QPS-SAR 5号機「ツクヨミ-Ⅰ」の高精細モード(スポットライトモード)による取得画像※1を公開いたします。先に打上げられ、すでにサービス提供を開始している商用機QPS-SAR6号機「アマテル-Ⅲ」と同じく、日本最高※2となるアジマス、レンジ分解能共に46cm※3で観測することが可能です。

https://uchubiz.com/article/new38549/

小型の合成開口レーダー(SAR)衛星を開発、運用するQPS研究所(福岡市中央区)は2月1日、2023年12月15日に打ち上げられた「QPS-SAR」衛星5号機「ツクヨミ-I」の高精細(スポットライト)モードで撮影した画像を公開した。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/01/news200.html

QPS研究所は、九州大学の小型人工衛星開発の技術をベースに2005年に設立した宇宙ベンチャー。将来的に、軌道の異なる小型SAR衛星を32機運用する計画で、実現すれば平均10分間隔で準リアルタイムの地球観測データを取得できるとしている。

カテゴリー: 未分類 タグ:

紙の本のOCR

2024 年 2 月 20 日 コメントはありません

https://note.com/spoonik/n/nad19b4cb34e5

この御方に刺激を受けて自分も紙の本のOCRをやってみることにした。

対象の本は、かつて使っていた中国語学習のテキスト。 それをスキャンし、PDFにして、OCRする。

まず使ったアプリは上記でもオススメされていた「vFlat Scan」というアプリ。

https://apps.apple.com/jp/app/vflat-scan-pdf-scanner/id1540238220

このアプリは確かに素晴らしい。 紙の本のスキャンは手作業ゆえにどうしても時間がかかる部分だが、このアプリを使うことでかなり時短できたと思う。 それでもこの作業が一番大変なので音楽でも聞きながらやるといい。 このアプリは自分の使い方なら無料の範囲で使えた。

次にアプリでスキャンした画像をiPhoneの写真アプリへ移動させる。 これはアプリ内の操作で可能。

続けてiPhone写真アプリでスキャンした画像を選択し、iPhone標準のファイルアプリへ移動。 ファイルアプリはiCloudを選ばず、このiPhone内を選ぼう。専用のフォルダを作っておくといい。

そしてスキャン画像を入れたフォルダをフォルダごと圧縮し、zipファイルにまとめる。 これはiPhoneのファイルアプリの機能で可能。

この状態だと1ファイルなのであとは好きなようにできる。 iPhone内でPDFにしようとすると、(画像が多いと)フリーズするので、ここからの作業はPCで行う。

Windows 11だと、画像を全選択した状態で右クリック→「印刷」→「Microsoft Print to PDF」で画像全てを1つのPDFにできる。 (Windows PCでもそれなりの時間がかかったのでiPhoneで数百ページは無理だろう) なお、ちゃんと古いファイルかファイル名順にページが並んだ。

次にGoogle DriveでGASを使ってOCRをしようと考えたが、数百ページあるOCRは恐らく時間がかかる。 GAS実行の制限時間6分間に引っかかるだろう。 ファイルごとであれば作業の分割をすることもできるだろうが、今回は1つのPDFなので、恐らくOCRを分けるのは難しいと考え断念。

また、GoogleだとVision APIというのがあるらしい。 しかし有料。かつ動作がクラウド上になるので未経験でこちらも断念。

https://cloud.google.com/vision?hl=ja

続けて調べるとGoogle Drive APIがあるのを知った。 これを使うことで、ローカル環境からAPIを通じてOCRができるらしい。 Pythonだと「google_drive_ocr」というライブラリが公開されている。

https://github.com/hrishikeshrt/google_drive_ocr

これはかなり簡単で、予めGoogleで登録し、ダウンロードしたjsonの認証だけでいい。 1ページのテスト用PDFを作って試したが、ちゃんと動いた。 Pythonだと数行だ。

あとは数百MB、数百ページのPDF(画像)もこのAPIでOCRできるか、である。 ちなみに、Google Driveで何も考えずにアップロードしただけでOCRされるには2MBまでという制限があるらしい。2MBまでの画像はGoogle Driveにアップロードするだけで自動的にOCRされ、テキスト検索できるようになる。 また、上述したがGASで自発的にOCRする場合は6分間の制限がある。 今回のファイルは確実にそのどちらにも引っかかる。

・・結果としてはできなかった。 「400: Bad Request An error occurred while performing OCR.」というエラーが返された。 6分も経ってない状態ですぐにこのエラーが出たので実行時間によるエラーではないと考えられる。 ファイルサイズが大きいとできないのだろうと思う。

仕方がないのでクラウドのAIによるOCRは諦め、ローカルでOCRすることにした。 ローカルではOCRソフトをインストールすることでPythonでもできるが、お手軽にやるならAdobe Acrobat Proが良いだろう。幸いにも契約中だ。 Acrobatではツールの「スキャンとOCR」→「テキスト認識」で、ページ全体にOCRをかけることができる。言語も選択可能なので中国語も問題ない。 しかしこれもそれなりに時間がかかる。体感的には1ページ当たり数秒。5秒/ページだとして、300ページあれば1500秒=25分かかる。

また、これは何らかのテキストファイルが出力されるわけではない。 以下のように、OCRされたテキストが埋め込まれたPDFになるだけだ。

そこでPDF全体に埋め込まれたテキストを出力するため、Chromeで当該PDFを開き、テキストを全選択(Ctrl+A)しコピー(Ctrl+C)。それをテキストエディタに貼り付けた。

Pythonなどでテキストを抜き出すより、こちらの方がテキストの有用性が高いコピペができたと思う(Acrobat上でもコピペはやりづらいと思う)。 ただ、残念ながらOCRの精度や質は必ずしも高いとは言えない結果だった。 点数をつけるとすると70点くらいかな。自分の用途的には合格点ではあるが。 今回の本も、小説などと異なり、学習テキストの体裁なのでOCRしにくいのだと思う。

考えていた以上に色々と手間がかかったが、これで紙の本が一応テキスト化できた。 NotionにPDFをアップロードし、同じページでテキストを本文に貼り付ければ全文検索もできるようになるはず。 (大量に行うのは手間暇を考えると現実的ではないと感じる)

完璧でないため、やはり最適なOCRの結果を得るにはクラウドでAI OCRを使う方法しかなさそうだ。 それでも手間や作業時間はあまり変わらないと思う。

カテゴリー: 未分類 タグ:

持ち家か賃貸か

2024 年 2 月 20 日 コメントはありません

#AI要約

奈良の拠点にあえて賃貸を選んだ理由について解説していきたいと思います。 賃貸と持ち家のどちらがお得かという論争はひとまずこの場で終止符を打ちたいと思います。この動画を見ていただければ、「なるほど、社会の仕組みはそうなっているのか」と納得していただける内容だと信じています。 まず断言しますが、持ち家の方が絶対にお得です。なぜなら、賃貸には家主さんの取り分が含まれているからです。家主さんはビジネスとして賃貸をしているので、毎月の家賃には利益が上乗せされています。つまり、その部分がない持ち家の方がお得なのは明白です。 ただ、状況判断の前提となる情報が非常に多岐にわたるため、一概に「持ち家がお得」とは言い切れません。どのくらいの期間住むか、子育て環境は大丈夫か、エリアの将来性はどうか等、場合によって結論が変わってきます。 そこで、ある37歳の独身男性が渋谷区で結婚し、出産した後、家賃負担に苦しみ、奈良に家族用住宅、神戸に自分用の仕事部屋を借りることを決意したケースを例に考えてみましょう。 渋谷区だと3LDKで月15万円は相場ですが、奈良なら家族3人で月7万円、神戸なら1Rで月6万円で借りられます。2軒分の家賃が渋谷の1軒分以下で済む計算です。 ただし、この男性は現金1600万円、日本株3600万円等、総資産7030万円がある立場です。奈良で1700万円の中古マンションをローンで買う方が合理的ではないかと悩んでいます。 比較検討の結果、10年住むなら月7万円の賃貸が886万円、マンション購入が1941万円となり、855万円の差額が出ます。 ただ、所有することで、将来的に売却も賃貸収入も得られる選択肢が生まれます。30年先を見据えると、マンションの方が264万円お得になる計算です。 ですが、この男性は生活環境の変化に対応できる柔軟性を重視し、賃貸を選択しました。状況が安定してきたら、再度マンション購入の是非を検討したいと考えているようです。

#AI清書

はじめに 今日は、奈良に拠点をおいた理由と、持ち家か賃貸かという永遠のテーマについて、私のリアルな葛藤と選択を赤裸々に語っていきたいと思います。

  1. 持ち家か賃貸か、論争に終止符を打つ! まず、結論から言います。一般的には、長期的に見ると持ち家の方がお得です。理由は、賃貸には大家さんの取り分が含まれているからです。大家さんはビジネスで家賃を徴収しているので、当然利益が必要です。一方、持ち家であれば、家賃は発生せず、支払うのはローン返済のみとなります。
  2. ケースバイケースで考える しかし、持ち家か賃貸かというのは、単純な二元論ではありません。それぞれの状況によって最適な選択は異なります。例えば、 物件価格 住む期間 ライフプラン 将来の転勤の可能性 エリアの将来性 金利 税金 など、様々な要素を考慮する必要があります。
  3. 37歳独身男性のリアルなケース 私自身、37歳独身男性として、持ち家か賃貸かで悩みました。現在は渋谷区で一人暮らしをしていて、家賃は8万円です。結婚して子供ができたら、2LDK以上の物件が必要になります。渋谷区で2LDKとなると、家賃は15万円以上は確実です。 そこで、奈良に家、神戸に事務所を構えるという選択肢を考えました。奈良であれば、7万円で50平米の家族向け物件を借りることができます。神戸も、渋谷区と同等の広さの物件を6万円で借りられます。
  4. 1700万円の中古マンション購入の可能性 奈良で20年近く住む可能性もあると考え、1700万円の中古マンションを購入することも検討しました。現在の総資産は7300万円あり、購入資金は十分に用意できます。
  5. 迷いの理由 しかし、購入には迷いがありました。 住宅ローン金利の将来 転勤の可能性 離婚リスク など、様々な不安要素があったのです。
  6. 賃貸とマンションの10年間の支払い比較 そこで、賃貸とマンションの10年間の支払い総額を比較しました。 賃貸: 886万円 マンション: 1941万円 一見、賃貸の方が圧倒的に安く見えます。しかし、マンションは10年後にローンを一括返済すれば、その後の支払い負担は軽くなります。 11年目以降: 賃貸: 年間84万円 マンション: 年間29万円
  7. 長期的な視点で考える 長期的に見ると、持ち家の方が有利になる可能性が高いです。 賃貸: 30年間で2606万円 マンション: 30年間で2521万円 さらに、マンションは売却して利益を得ることもできます。
  8. リスク回避のために賃貸を選択 しかし、私は現状のリスクを考慮し、賃貸を選択しました。 結婚生活が安定していない 転勤の可能性がある 南海トラフの不安 これらのリスクを回避するためには、賃貸の方が柔軟に対応できると判断しました。
  9. アパ社長の言葉 アパ社長の「家を買わないなんて王やさんのお財布にお金を入れるために働いているようなものよ」という名言は、心に響きました。しかし、私はまだリスクを取る覚悟ができていませんでした。
  10. 結論 持ち家か賃貸か、正解はありません。大切なのは、自分の状況とライフプランに合った選択をすることです。
  11. 今後の展望 今後は、 現金を貯蓄 不動産価格の動向を注視 しながら、状況に合わせて持ち家購入を検討していきたいと思います。
  12. 視聴者へのメッセージ この動画が、持ち家か賃貸か悩む方の参考になれば幸いです。

#AI文字起こし

お久しぶりですトーマスです今日はね奈良の拠点にあえて賃貸を選んだ理由っていうのを解説をしていきたいと思います あのねもうね持ち家賃貸どっちがお得か論争はこれっきりにしてほしいし今日で終止符を打ちたい そしてこの動画さえ見てもらえれば あートーマスとなるほどな社会の仕組みはそうなっていたのか いつもありがとうなスーパーチャット送っとくなってなること間違いなしだから見ていってもらえればと思います でまずもうねむっちゃ極端な結論だけ最初に言ってしまうと絶対に持ち家の方がお得なんです なぜならもう理由はたった一つ超シンプルです 賃貸には大屋さんの取り分が含まれるからなんですそうなのよね 大屋さんはビジネスでやってるのよねボランティアでやってるわけじゃないのよね つまり毎月払ってる家賃の中には大屋さんの取り分がちょっと含まれてるんじゃないんですか ということはそれがない家代のみしか払わない持ち家の方が100%お得になるんじゃないんですか 以上となりますこのチャンネルではこんな感じで今後もガジェットはならんのよね これで終わるんであればこんだけ賃貸持ち家論争は長引いてないわけよ 不確定要素があまりにも多すぎるんです そう賃貸持ち家論争が終わらない理由は定義が曖昧すぎるから みんなそれぞれのパターンを共有せずに空中線を繰り広げてるわけでしょ それが例えばそもそもその物件の価格は高いんですか安いんですかっていう前提がないよね さらにその物件には4年住むんですか 4年で引っ越すなら買わない方がいいんじゃない それか30年住むの30年も住める子供成人しちゃってるよ その後10年どうすんのその広い家とか 日本人口確実に減っていきます そのエリアの未来は大丈夫ですか その物件の価格は上がるんですか下がるんですかとか 完全にケースバイケースなのよ だから一般論で考えてたら話が終わらんねん ということで今回はある渋谷区在住37歳独身男性のケースで検討してみようじゃありませんかという話 その渋谷区在住37歳独身男性はなんと結婚をしてしかも出産までしました で既婚だったのかな そしてその渋谷区在住37歳既婚男性は気づきました あれ渋谷区で3人暮らしは家賃が高すぎるぞ というのもその人なんでも家賃8万円の物件に住んでたらしい一人暮らしでねむちゃくちゃ高いわけよ だからこそ育い込みの日が宝の山になっていて そこで拾った空気清浄機を実家に何台も送ってるとかなんとか でも話はそこじゃないのよ 一人で8万ということは3人だと最低でも2部屋は必要 そして2部屋の最低の相場これ13万円はむちゃくちゃ安い方です 一般的には15万16万円します そしてその渋谷区在住37歳既婚男性は思いました たっけーって しかもなんかねその人特殊な仕事らしいのよ 子供が家にいると仕事にならないんですって で実はこれ何を隠そう俺のことなんです これは土下化せんといかん そこで出た案こちらですね 奈良に家神戸に事務所こうしましょう なんと奈良奈良家族用の物件が月7万円で借りられてしまいます しかも広さ50平米家族が住むにも十分じゃないんですか さらに神戸で今の渋谷区の物件と全く同じ窓に広さの物件を借りると 月6万円に収まってしまうんですね広さ20平米 でもこれで十分踏んづけてやる 2軒借りても渋谷区の1軒分以下に収まってしまう なんなら奈良は実家やから親いる車ある犬いる 完璧な計画がここに誕生してしまったんです ただそこでね俺の中に疑念がよぎりました 分譲でいいんじゃんって だってさ賃貸7万奈良で借りるこれね20年近く住む可能性もあるわけよ それならローンで月7万円払えば物件買えるやん でちょっと探したら1700万円の中古マンション売ってたんです これ買った方がお得なんじゃんっていうモデルケースね はいあの再現VTR終わったんでみんな帰ってきてくださいね ところでトーマスお前1700万で迷うな 金あるやろ金ないフリすんなって思うかもしれん はいそうなんですあのね1700万円なら買えるっちゃ買える っていうのが俺の現在の状況です というのもあの現在の総資産が7030万円あります ちょっとあんま大きい声では言えへんけどね その内訳ざっと解説をしていくと 日本株3600万円分米国株1000万円分 都市信託500万円分米ドルが80万円分 日本円貯金ですね1600万円 そして小規模企業協債250万円 積立保険200万小額金の返済でマイナス200万 これすべて足し合わせると730万円ということになります 今ねちょっと株が絶好調すぎるから上がってるけど これね暴落きたらマジで怖い いずれにせよこの現金1600万円ともうちょっと足したら買えるっちゃ買える ここだけの話ね ただちょっと話はそれるんやけど youtube登録者40万人の現実ってこんなもんなんやって俺は思った なんかね俺ねyoutube始める前とか40万人とかいる人って もう数億円お金あるんでしょって思ってたんやけど 全然そんなことなかったね 意外とそんなに儲かるわけでもない まあ儲かってるっちゃ儲かってるんやけどね いつも見てくれてありがとうございます 全然番犬の役目を果たせてない番犬がいる とはいえよ買えると買いたいは違うよね これねちょっと考えてほしいんやけど iPhone15 Pro40万円です どうしますか? いらんいらんいらんいらんいらん 高い高すぎる だって定価15万やん俺知ってるしそれ ってなるよねわかるね じゃあiPhone15 Pro15万円どうですか? 定価です 妥当なお値段です うーんまあ欲しいっちゃ欲しいんやけど 納得はしてないかな だからiPhone15 Proまだ持ってないのよね 逆にどうですか? これiPhone15 Pro あなたなら今だけ特別価格5万円でプレゼント これ詐欺です 一般的には詐欺やから手を出さないでほしいんやけど 万が一これ本当に5万円であなたにプレゼントしますと言われたら 買うよね 俺なら直買いする そしてメルカリで売る5万の利益出るもん っていうのがどうしてわかるんですか? 不動産もこれと同じやね 納得できるなら買うし 納得できないなら買わない ただし不動産だとその価格の妥当性が非常にわかりにくい ここなのよね だから買うかどうか迷っちゃうのよね 安いってわかったら即買いするんだよね でも高いのか?ってなってるから買えない じゃあ7万円の賃貸と1700万円の分譲で実際に比較していけばいいじゃないですか 条件こちらでございます 最低10年は住むことを想定します なぜなら子供が中学生になるから 個室が必要になる可能性が高いから 逆に言うとそれまでは住環境を変える必要はほぼないんです そんな中でほぼ同じ条件の賃貸とマンションを探し出しました 賃貸なら月7万マンションなら1700万円します そしてマンションはすでに地区25年が経過済みです つまり価値は落ちきってるんです ここから10年20年経ってもそんなに値段は変わらないでしょう さらに住宅ローン金利は1%を想定します 住宅ローン減税も10年間使っちゃいましょう その上でマンションに関しては10年後にローンを一括返済します これでどうなるかを見ていこうじゃありませんか まず7万円の賃貸から これはねもうわかりやすい みんなが借りてるし これみんな見たことある値段の見積もりやと思う 俺の時もこうやって 初期費用総額が26万円です 家賃月7万円 家債保険は2年で2万円 つまり1年で1万円だと換算します 賃貸保証料最初が2万円 以降1年に1万円かかります 更新料はならなんでありません ありがたい この月額を年間に換算すると86万円 10年だと860万円 プラス初期費用で886万円ということになります 非常にシンプル じゃあ逆にマンションどうなるんですか これむっちゃわかりにくいんやけど これ頑張って計算するから 結論だけ見てくれたらいいんやけど 1700万円のマンションに10年間ローンを払い続けた後に 10年後に一括で買い切ってしまった時のお値段は1941万円となります でその物件購入費用1700万円 仲介手数料が63万円 登記手数料22万円 初期費用の合計額が1785万円なんやけど これを金利1%で35年ローンで借りた場合の返済総額は2116万円まで膨れ上がります なんと35年で416万円も増えてしまうんですね そして直近10年間は堅実にローンで返済をしていきましょう 35年ローンの場合の月の返済額は5387円 さらにマンションの場合は管理費と修繕積立金っていうのがかかってくるんだけど これむちゃくちゃ鬱陶しいね 積み続ける限りローン返済プラス2万円が必ずかかってくるんで マンションの落とし穴はここです だけじゃないよだけじゃないよ ちゃんと税金かかりますマンション買ってしまいました 今回のマンションではだいたい年間5万円の固定資産税がかかります これらのかかってくる月額から住宅ローン減税 年間11万円を差し引くと年間での支払い総額は78万 は?78万か安っ 安くはないか安くはないわ そうやな そう78万円に収まる つまり月平均だと6.5万円やからさっきの賃貸の相場とそんなに変わらんでんな 賃貸7万でしょこっち6.5万 物件ってうまくできてるんよね 借りるぐらいなら買っちゃえばいいじゃんっていう値段を設定してくるのが不動産の狡猾なところなのよ 結果10年間の支払い総額は780万円になります ただこのマンション自体は1700万円なんですよね 780万円じゃ全然足りませんということでその残額を10年後に一括で返済しちゃいましょう 780万たす1337で合計支払い金額は1941万円となります これによって35年間ローンを支払い続けた2116万円よりも175万円お値段を落とすことができました ようやくマンションが俺のものになったのよ これ見ろとトーマス 青かと 賃貸10年間で886万円やんけ マンション1941万円もかかっとるやんけ この1055万円どう説明すんねんって 待ってくれと この先があんねん というのもマンションもうローン返済し終わってんねん じゃあ残りかかる金額管理費修繕積立金月2万円と固定資産税年5万円 年間支払い額29万円以降はなんと10年間で290万円ずつしかかからないんですね つまり同じ物件に20年間住み続けちゃいましょう こうなります 賃貸1746万円 マンション2231万円 あれ?差が縮まってきたぞ これ30年どうなんねん 30年こうなります 賃貸2606万円 マンション2521万円 ここで逆転をしてしまうんです ごめんね そうなのよ 長期では必ず持ち家が買ってしまうのよ もちろんその物件の価格が妥当ならっていう話ではあるんやけど 例えば賃貸の場合は同じ物件に住み続けてこれやね 引っ越しをしてしまうとさらに初期費用とか仲介手数料が別途かかってくるわけよ 絶対に賃貸渡り取りの人は長期では持ち家に負けてしまうんです これは世の普遍の真理なんです 神は我と共にあり しかも持ち家ならさらに選択肢まで増えてしまうんですね この10年後に賃貸よりも1055万円上乗せして購入したマンションに関しては おそらく10年後でも1300万円で売却ができてしまうんです だってもう築25年やからね それが築35年になったところで1700万円がゼロにはならないでしょ 1300万円ぐらいは残っちゃうわけよ これを売却することによって賃貸との差額はトントンになるどころか 200万円のプラスになってしまう だからもう売っちゃえばいいじゃない っていう選択肢もあるし 賃貸に出すことだってできるよね 自分は引っ越せばいいやん ほんでその賃貸を人に貸せば月6万円程度の家賃収入は見込めるんじゃないんですか 無理? 無理か? 無理か? いけるか? うーん まぁいいか つまりもうここで言ってるけどね もう持ち家なら選択肢を増やせるということがお分かりいただけたんじゃないんでしょうか お手、あー言うてるやろ お手、お手、お手 はい、じゃあ結論出ました もうマンション買いましょう とはならなかったのよね そうなんです 俺はそれでも賃貸を選んでしまったんです その最大の理由はリスク回避なのよ ここ3ヶ月の間に結婚引っ越し出産っていうイベントが重なってんのよ これどうでしょう この段階でこの先10年20年離婚しないと確信を持てますか 俺は無理 短期間で離婚する可能性がある 生活が激変する可能性がある そしてもしも万が一1年で離婚してしまった場合 俺にはマンションとローンだけが残ることになるのよね びっくりするよね むっちゃ広い むっちゃ広いね 使い道ない だからあまりにも時期焦燥すぎると 確実に持ち家の方がお得なのは分かった でもリスク分散をするための投資として賃料年間100万円ぐらいかかってしまうけど その価値はあるのかなというのが今回の俺の判断になります で、ここまででもう結構頭ぐちゃぐちゃになってると思うんやけど めちゃくちゃありがたいお言葉あるから 聞いて あのアパ社長 ホテルを何軒も何軒も保有する億万長者のアパ社長のありがたい言葉 こちらとなっております 家を買わないなんて王やさんのお財布にお金を入れるために働いているようなものよ 不快ね 身にしみるね 俺ねもう感銘を受けたこの言葉に ほんまやなって 人のために働いてる場合じゃないなって お金を入れてもらってる側の人の言葉重いよ そんなアパ社長の名言をもう一つご紹介して差し上げ捕まっつりたい 自分が欲しい時に家を買う限りお金は貯まらないよ これがアパ社長 これがアパ社長 もう家賃に悩んでる人の答えがすべてここに詰まってる グーの音も出ないです で、俺の中のアパ社長に感謝した そうなのよ何でもそうではあるんやけど 判断を急ぐのは失敗の典型例なのよ 全然相場がわからないのに急いで買ってしまうということは 40万円のiPhoneを捕まされることに等しいんじゃないんですか つまりまずはそれが急ぎすぎなのかどうか そして価格が高すぎるのかどうかの判断ができるようになる 相場の理解から入るべきじゃないんですか ということで俺の場合は 安定するまでは賃貸が無難なのかなと 俺の結婚生活が問題なく続くなら 2人目3人目が順調に生まれるなら 嫁姑の関係が問題ないなら 妻が奈良に耐えられるなら 持ち家を買ってしまってもいいのかなと それまでは動ける体制を維持するべきなんじゃないのか ということで賃貸を選びました でも真剣に悩んだ経験っていうのは必ず糧になります 大丈夫です このね同じ結論でも全然重みが違うのよ えー賃貸の方が安くていいじゃんみんなでシャメとろー みたいな感じではないのよ 住宅ローン減税を使い年齢は1%で35年ローンを組んで って考えた糧は次回に必ず生きてきます だから次回に備える ただし不動産は買い時であるということもまた間違いない事実なんです インフレ物価が上がるということは不動産価格上がるでしょう 金利上がってきているということは不動産価格上がるでしょう 海外資本日本に入ってきているということは不動産価格上がるでしょう でも逆に南海トラフ不動産価格下がります だから長期で見ると確実に上がるんやけどここで1回下がるから 今はそこに向けて現金を貯める段階なのかなという結論 まあ不謹慎やけどねでも事実なのよ つまり今の俺が一番重要視すべきはこの南海トラフで生き延びること 死んだら買えへんからね生きて買う側になりたいよね 死んだら終わり死んだら終わり精一杯精に執着していきましょう という結論で終わりたいと思います このチャンネルではこんな感じで今後もガジットと生活改善情報を発信していくので この動画が良かったなと思ってもらえれば グッドボタンとチャンネル登録お願いします あとガジマガっていうブログも運営をしていて こちらも3日に1回更新をしているのでチェックしていただけるとありがたいです あと書籍無駄の省き方出てます買ってください ツイッターやってますフォローお願いします 長らくご視聴いただきありがとうございました それではまたお会いしましょうバイバイ

カテゴリー: 未分類 タグ:

中国から届いた「最悪のニュース」

2024 年 2 月 20 日 コメントはありません

https://forbesjapan.com/articles/detail/69199

最悪のニュースは、まさに中国に関する「悪いニュース」に対して、中国の習近平指導部が戦いを本格化させたらしいことだ。 報道によれば、中国の主要な情報機関である国家安全省は最近、中国経済や市場の見通しに関して批判的な見解を広める者を見張っていると明らかにした。「虚偽の言説」によって「中国経済をおとしめる」言動をするな、という背筋の寒くなるような警告は、アダム・スミスに始まる近代経済理論とはかけ離れた毛沢東的な発想だ。そしてこれは、中国の影響力が高まるなかで非常に厄介な問題を引き起こしている。 国家安全省は「経済宣伝と世論誘導を強化する」と公言した。だが、本当に気がかりな問題は、具体的にどのような行為が取り締まりの対象になるのかという、発表文の「行間」に隠された部分だ。

カテゴリー: 未分類 タグ:

株高に乗り続ける理由と逃げ時 | サームルール(Sahm Rule)

2024 年 2 月 20 日 コメントはありません

サームルール(Sahm Rule)とは・・ サーム ルールは、経済がいつ不況に入ったかを判断するための尺度です。労働統計局(BLS)からの毎月の失業データに依存しています。この名前は、経済学者クラウディア・サームにちなんで命名されました。 景気後退は次のように定義されます。全国失業率(U3)の3か月移動平均が、過去12か月間の最低値と比較して0.50 %以上上昇した場合に景気後退の始まりを示します。

#AI要約

過去のデータから、失業率の上昇が景気後退を予測する重要な指標であることが示されている。 サームルールは、失業率の上昇に基づいて景気後退を予測するルールであり、失業率が最低値から0.5%上昇するとサームルールが発動する。 現在の失業率は3.7%であり、景気後退の兆候が見られるかどうか注視されている。 失業率の動向は投資家にとって重要であり、景気後退の可能性を警戒しながら適切な戦略をとる必要がある。 インフレのリスクも懸念されており、市場の不確実性が高まっている。 積み立て投資やリスク管理の重要性が強調されている。 この要約は、失業率や景気後退に関する重要な情報と、それに伴う投資戦略やリスクについての懸念を示しています。

#AI清書

前回の動画では、アメリカの景気後退について議論しました。歴史を振り返ると、失業率が上昇しない限り、景気後退に由来する急落は起こりにくいという点を強調しました。なぜなら、私の分析によれば、失業率が2%以上上昇すると、S&P500指数は最小で20%程度、最大で52%程度下落する傾向があるからです。つまり、株価の動向を最も重要視すべき経済指標は失業率であり、失業率が景気の実態に遅れて反応する「時効指数」であることを理解しておく必要があります。失業率は現在3.7%であり、過去の景気後退時には失業率が急上昇していることが見られましたが、現在は比較的安定しています。CNBCによれば、実質の失業率は7.1%に達していると報じられていますが、株価には関係しないため、短期的な株価の動きに影響を与えるとは考えていません。 1960年以降、景気後退の始まりを正確に予測してきた「サームルール」は、利上げ局面の後、最低3ヶ月間の失業率の平均が最低値から0.5%上昇したときに景気後退の始まりを示す指標です。最低値は2023年の4月に記録された3.4%であり、サームルールが発動する条件は3.9%の失業率です。例えば、現在の3.7%の失業率が1ヶ月ごとに0.1%上昇すると、5月に発表される4月の失業率が3.9%となり、サームルールが発動することになります。 失業率の動向に注目すべきですが、直近ではサームルールの条件を満たすことがなく、異例中の異例と言える動きです。失業率が上昇しないことで、ソフトランディングが実現する可能性もありますが、雇用の中身が強くないにも関わらず失業率が低いことに疑問を感じています。 FRB議長のパウエルは、失業率が低いことを理由に利下げに慎重な姿勢を示していますが、失業率は至高の指標ではなく、過去には利下げが遅れて景気後退が深刻化した歴史もあります。 CBOの最新レポートによれば、失業率は今年4.2%、来年4.4%と予測されていますが、サームルールが発動する可能性はあるものの、本格的な失業率の上昇は予測されていません。 インフレの懸念が高まる中、FRBは利下げに慎重な姿勢を示していますが、インフレ率の上昇や景気後退の可能性について議論が続いています。 失業率が急上昇する前に景気後退の兆候を見極めるために、サームルールの提唱者であるサーム氏も警告しています。しかし、FRBはインフレの懸念もあり、利下げを慎重に検討しています。今後も市場動向に注意を払いながら、投資戦略を検討していく必要があります。

#AI文字起こし

前回の動画で、歴史を遡ると、失業率が上昇してこない限りは、景気交代由来の暴落は起きない可能性が高いことをお話ししました。 なぜなら、僕が分析した結果、失業率が2%以上上昇した時のS&P500は、最小で20%弱、最大で52%下落しているからです。 つまり、今後の株価の行方の鍵を握る最も重要な経済指標を一つ上げるとするならば、失業率だということになります。 ただし、この失業率は、時効指数、つまり実際の景気に遅れて動く経済指標であることは知っておく必要があります。 時効指数であることが何を意味するのかは、後で解説します。 失業率は皆さんご存知の通り、現在3.7%です。 グレーの領域、過去の景気交代では失業率が跳ね上がっていることがわかりますが、それと比較すると現在はさざ波ですらありません。 CNBCは、実質の失業率はすでに7.1%に達していると報じてますが、実質の失業率は株価には関係ないので、 短期的な株価の動きにネガティブになる必要はないと思ってます。 1960年以降、100%の確率で景気交代の始まりを的中させてきたサームルールは、 利上げ局面の後、必ず確認しておくべき指標なので、ご説明しておくと、サームルールは直近3ヶ月間の失業率の平均が最低値から0.5%上昇したときに、景気交代の始まりを告げる合図とされています。 最低値は2023年の4月につけた3.4%なので、サームルールの基準である最低値から0.5%上昇、つまり3.9%でサームルールが発動するこ とになります。 例えば、現在3.7%の失業率が今後1ヶ月ごとに0.1%ずつ上昇したとします。 そうすると、3月に発表される2月の失業率が3.8%、3月が3.9%、4月が4%となります。 この場合、5月に発表される4月の失業率をもって、直近3ヶ月の平均が3.9%となり、サームルールが発動することになります。 こちらはサームルールのチャートで、青い線が赤いラインに到達したときにサームルールの発動を示します。 拡大するとわかりますが、昨年2023年の1年間で失業率は連続で上昇し、このまま上昇すればサームルールが発動するぞということで 、結構話題になりましたよね。 僕もこのペースで行くなら、2024年の年初、今頃にはサームルールが発動して、本格的に景気交代が意識されるだろうと思ってました。 実際にリーマンショックの時も、ITバブルの時も、他の景気交代の時も、サームルール発動に向けて一旦失業率の上昇が始まると、ほぼ直線的に赤いラインに向かってきた過去があるからです。 ですが直近ではここですね。 昨年の11月、12月、そして今年の1月とサームルール発動から3ヶ月連続で遠ざかりました。 この動き方は異例中の異例で、失業率が上昇しないのであれば、今回は本当にソフトランディングを達成できるかもしれないという根拠になり得ます。 ですが雇用の中身は全然強くないのにも関わらず、失業率がサームルールの発動から遠ざかっていることに僕は違和感がありました。 その違和感を言葉を選ばずに作った動画が原因でチャンネルごとバンされてしまったので、発信の仕方が難しいところではあるんですが、 いずれにしても今後、失業率が0.1%ずつ上昇すると仮定すれば、5月に発表される4月の雇用統計でサームルールが発動することになるので、まずはその距離感を頭に入れててもらったらと思います。 先日のインタビューで、なぜ利下げしないのですか?と聞かれたパウエルFRB議長はこのように答えています。 経済は強い、成長は続いている、労働市場は顕著だし、失業率も3.7%と低いので、金利の引下げをいつ開始するかという問題に慎重に取り組むことができる。 パウエルFRB議長のこの発言は、利下げをする上での判断材料に失業率が入っていることを示唆しています。 ですが知っておくべきことは、失業率は至高指数なので、失業率に異変を感じてから利下げをしても間に合わなかった歴史があります。 こちらのチャートはFRBが上げ下げする政策金利の動きと、失業率の推移を重ね合わせました。 右軸が失業率で、左軸が政策金利ですね。 1965年以降、利下げしても結局間に合わずに失業率が急上昇してしまうというのが毎回お決まりのパターンになっています。 チャートに矢印をつければわかりやすいので、見てもらうと利下げをしても失業率が急上昇してるんですよね。 この歴史をパウェル議長含めFRBメンバーが学んでいないわけはないので、そのあたりの対策や具体的な方針、目安などもインタビュ ーで聞いてほしかったなと個人的には思いながら見てました。 CBO、米国の議会予算局は2月7日に最新の長期見通しレポートを出しています。 失業率はここですね。今年4.2%、来年4.4%となっています。 CBOは一応ですね、あくまで一応独立した分析機関と言われているので、この数字を鵜呑みにするのであれば、今後サームルールは発 動するけど本格的な失業率の上昇はなく、4%半ばあたりでとどまるということになります。 過去の政策金利と失業率の動きをもう一度見ると、積極的な利上げ局面の後はすべて景気交代に入っており、失業率が最低値からどれだけ少なくとも2%以上は上昇しています。 CBOの予測、今回の最低値3.4%から上昇しても4.5%にとどまるという予測通りになる場合、チャートに表すとこのくらいのイメージで すね。 過去の利上げ局面よりも明らかに急速に利上げして、利上げの幅も大きいのにも関わらず、失業率の上昇率は歴史上最も低く抑えられるということですね。 つまりCBOは、歴史上かつてないスーパーミラクルファインプレイを予測しているということになります。 控えめに言っても神業ですよね。ほとんどの投資家もこれを予想しています。 無料でもらえる投資本のご紹介です。こちらAIを活用した米国株投資はツイッターのフォロワーが10万人を超える竹井雄介氏の書籍です。 書籍の内容はAIの現状とその影響やAIをどのように投資に活用するのか、他にもインデックス投資だけを行うリスク10倍株の見つけ方などを知ることができます。 定価1650円の書籍が期間限定数量限定で無料でもらえるチャンスです。興味のある方はお早めに概要欄かコメント欄のリンクからゲットしていただければと思います。 失業率のサームルールを考案したご本人であり、元FRBクラウディアサーム氏は2週間前このように述べています。 FRBにとっての最悪の結果は利下げが遅れて不必要な景気交代になることだ。利下げが遅れれば何百万もの雇用と何兆ドルもの消費が 失われる可能性がある。 ソフトランディングに対する最大のリスクはFRBだ。目を覚ましてFRB。今は1970年代ではない。 FRBは利下げが早すぎることでインフレ退治者として信頼を失うことを恐れているが、これには両面がある。 インフレ退治に失敗したアーサーバーンズになりたい人はいないはずだが、やりすぎて逆アーサーバーンズになるのも良くない。このままでは手遅れになる可能性がある。 労働市場にはすでに懸念すべき兆候が見られている。利下げが遅れることは人々の生計に関わる重要な問題であり、FRBの命綱として 労働市場を利用すべきではない。 要するにサーム氏はFRBに対して労働市場も強いと言われているけど、すでに懸念すべき兆候が見られていることがわかっていて、早 く利下げを行わないと手遅れになるよと言ってるわけですね。 失業率が急上昇してしまう前に、いち早く景気交代の匂いを嗅ぎつけるために提唱したサームルールのご本人だからこそ、失業率の急上昇の怖さを知ってますから、元FRBとして現在のFRBに警告してるんだと思います。 ただですね、FRBにもそう簡単には利下げできない理由があります。皆さんご存知の通り、CPIは久しぶりに予想を大きく上振れてきました。こうなることをFRBは薄々気づいていたのかもしれません。 FRBが重要視しているスーパーコアインフレは、前月比でなんと0.8%も上昇しており、これは2022年9月以来最大の上昇率です。このデータだけで判断すると、インフレ退治は後退したと言わざるを得ませんし、一部のエコノミスト、著名投資家からは塩目が変わってしまった、そんな声すら聞こえてきます。 前回の動画を見てもらったらわかりますが、僕はFRBはQTという名の金融引き締めを行いつつも、実際はリバースレポやBTFPの金融緩 和効果で打ち消してしまってるとお伝えしました。 そしてそれは景気の悪化を先延ばしにしているとも言えますから、たとえ今が良くても後々インフレが再燃しないかが気になるところだと述べましたが、早くもそんな兆しが見られ始めています。 もちろん単月のデータだけでインフレ再燃だと騒ぎ立てるのはあまりにも早すぎますし、もう数ヶ月分のCPIやPCEのデータを確認していく必要があるので、またそのあたり今後解説していきたいと思います。 インフレに関してはかなり悩ましい展開になってしまいましたが、一旦置いといて、失業率に関する重要な分析を公開します。 無料で見れるレベルの分析ではないと思うので、いいね押しておいてもらえると嬉しいです。 チャートはS&P500と失業率の推移を表示しています。 2008年4月サームルールが発動しました。 リーマーショックは最高値から52%の下落ですが、その52%の下落のうちサームルールが発動した後の下落率は43%です。 つまりサームルールが発動したことで異変に気付けば致命傷は避けられたということです。 2001年6月サームルールが発動しました。 ITバブル崩壊の最大下落率は45%で、サームルールの発動後では35%でした。 1990年11月にサームルールが発動。最大下落率は20%弱。サームルール発動後はすでに下落は終わっていました。 これは唯一サームルールを見ていても間に合わなかった例ですが、歴史上で最も浅い景気交代ですし、株価はV字回復しているので致 命傷にはなってません。 1981年11月サームルールが発動。最大下落率は25%。サームルール発動後14%の下落。 1974年3月サームルールが発動。最大下落率は45%。サームルール発動後は31%の下落。 1969年10月サームルールが発動。最大下落率32%。サームルール発動後24%の下落でした。 このデータを知っておけば、大枠として株高に乗りながらも致命傷にはならないタイミングで一部利益確定しておくとか、そういう戦略も視野に入ります。 失業率は時効指数なので、失業率が本格的に上昇し始めた時には、すでに株価はいくらかは下落してますが、それでも過去の景気交代局面では致命傷を回避できていることがわかるかと思います。 特に資産運用の出口が近い人は絶対に把握しておくべき指標だと言えます。もちろん利益確定した後にさらに株価が伸びた場合は、その分機械損失になることを把握しておくべきですし、 1990年のようにサームルールで異変に気づいても間に合わなかった例も存在します。そもそも未来のことなので、今後も過去と似たような動きになる保証はありません。 僕自身はこういったデータを知りながら、余力を残しつつも一定割合は常にポジションを取ってますし、夜明け相場の時からずっと積立投資はやめないと言い続けてきました。 なぜなら相場は必ずしも合理的に動くわけではないことを知っているからです。ただし個別株に関しては、こういったデータも踏まえてリスクを調整することは多々あります。 例えば失業率に関して言うと、サームルール発動までの距離が遠ざかっている間は、株価が調整したところで少しずつ押し目を拾いながら、株高に乗る比率を高めていってもいいだろうと個人的には思っています。 一方で厄介なことにインフレ最年の懸念が若干高まっています。株にとっても債権にとっても最悪のシナリオであるスタグフレーションに突入するという、確率は低いけど現実になると相当ダメージの大きいリスクシナリオを頭の片隅に置いておく必要があります。 よくわからなかったら、とりあえず積み立て投資は継続することですね。このあたりは相当難しい相場ですが、またちょくちょくメンバーシップの方でもお話ししたいと思います。 もちろん重要な情報があれば、一般動画でもこれまで通り高いクオリティを保って発信し続けますので、今後ともよろしくお願いします。 本日の動画は以上となります。この動画がまあまあええやんと思っていただけたらグッドボタンをお願いします。

カテゴリー: 未分類 タグ:
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 37