アーカイブ

‘SoftBank’ タグのついている投稿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アハモ vs ポヴォ vs ラインモ vs 楽天アンリミット

2021 年 2 月 14 日 コメントはありません

庶民に関心の高い通信料金。しかし、これまで総務省が進めてきた政策はことごとく失敗。結果として端末は高くなり、通信料金は高止まりであった。
数字が如実に物語る。ドコモは一体どれだけ儲けているか? 何と約6000億円の純利益。KDDIは約6400億円、ソフトバンク(モバイル)は約4700億円。..儲けすぎでしょ。
菅政権になり、政府が主導してようやく携帯の通信料金の値下げが動き出した。

ということで、私もこの2021年春から乗り換えを検討している。
料金はどれも似たり寄ったりではあるが、調べてみると細かい部分は若干異なるようだ。
ということでまとめてみた。

私的にはかけ放題があって、海外でも使えるahamoと楽天モバイルに惹かれている。
楽天モバイルはすでに無料で利用中だが、今後も使わなければ無料のようなので、楽天はサブ回線として使い、ahamoをメインにしようかと思っている。
楽天だと今のところほとんどがパートナーエリアとなり、使えるのは実質5GB/月だからね。
仮想化とか言っていたけど、やっぱソフトウェアでは限界があると思う。ハードウェアはやっぱり重要。

キャリア
ブランド
NTTドコモ
ahamo
au
povo
ソフトバンク
LINEMO
楽天モバイル
UN-LIMIT VI
~1GB 3278円 2728円 3278円

2728円
0円
1GB~3GB 3278円 2728円 3278円

2728円
1078円
3GB~20GB 3278円 2728円 3278円

2728円
2178円
パートナーエリアは~5GB/月(超過後は最大1Mbps制限)
20GB~ 3278円
最大1Mbps制限
2728円
最大1Mbps制限
3278円

2728円
最大1Mbps制限
3278円
最大1Mbps制限
楽天エリアは無制限
パートナーエリアは~5GB/月
国内通話 5分/回かけ放題 20円/30秒 5分/回かけ放題

20円/30秒
かけ放題
専用アプリ
海外利用 82の国・地域で利用可
データ容量/制限は国内と同じ
非対応 アメリカのみ

別料金
66の国・地域で利用可
2GB/月(超過後は最大128Kbps制限)
専用アプリを使うと海外→日本の通話料は0円
事務手数料 無料 有料 有料

無料
無料
ポイント 海外でも使える 有料オプションが豊富 LINEのトークと通話はカウントフリー
LINEのクリエータースタンプが使い放題
~1GBなら無料

※2021年2月14日現在の情報に基づく(2021年2月23日一部更新)
※料金は税込み

auとソフトバンクは、私にとって選択対象外になりました。
auは路線が独自すぎて付いていけません。仕事ではau、個人ではUQモバイルを使ってきましたが、SIMフリーでもauのSIMだと使えない政策など意味が分かりません。
ソフトバンクは後出しの割には特にメリットを感じませんね。孫さんももはや通信事業にやる気がないようですし。
この2キャリアは事務手数料も有料のようですし(キャリア内のブランド間では無料)。店頭契約ならまだしも..これはかなり残念ですね。

【乗り換え戦略】
まず2月中に、現在使っているUQモバイルを、少し安くなる「くりこしプラン」に変更し、3月からはくりこしプランに。同時にahamoに先行エントリーしておく。
次に4月末に近くなったらahamoにMNPする。
こうすることでUQモバイルからのMNPが(4月より)無料となり、かつahamo先行エントリーの3000ポイントがもらえます(5月末まで)
ahamoの日割りについてはまだ不明ですが、ドコモが下記のように案内しているのでahamoでもMNPだと恐らく日割り計算されると思われます。そのため、料金のかかるUQモバイルを月末のギリギリまで使って、ahamoに移った後の4月分は日割りで払う、というやり方がお得になると考えられます。

料金プランおよび音声オプションの月額料金は、ご利用日数にかかわらず日割りで計算しません。ただし、新規契約(MNP含む)と同時にお申込みの場合に限り、お申込み月の月額料金は日割りされます。(新規契約(MNP含む)と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止など(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。)

皆さんも大変動の今春に料金プランをぜひ見直してみてくださいね。

【追記】
2021年2月18日になって、急にソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」を発表しました
ようするにauの動きをみて追随した形ですね。
そのため上の料金表も変更しました。

注意点はLINEMOの海外利用。
これまでアメリカは基本料金範囲の対象のような書き方がされていましたが、海外利用は全て別料金になるようです。公式資料には誤解を招くような表記があるので要注意
こういう書き方するからまた要らぬ反発を招くんだよなあ。

となると、海外でも使うことが多いならやはりahamoがベストで、次点はRakuten UN-LIMIT VIになるでしょう。

禿が10000円くれると言うのでSoftBank Airを試してやった

2017 年 6 月 11 日 コメントはありません

引っ越しを考えている。その際に問題になるのがネット回線だ。
現在使っている回線はNTTのフレッツ光で、最大速度は1Gbpsの固定IPにしている。
NTTに電話して確認すると、引っ越し移転の工事費が1万円ほどかかるとのこと。解約にも1万円必要。
え~だったら解約してどっかでキャッシュバックもらうべよ・・と考えて近所の家電量販店Yへ向かった。

しかし、最近はそういう高額のキャッシュバックは減っているようだ。
キャッシュバックやらを謳うのは、WiMAXとかばかり・・キャッシュバックは減っているのに、通信料は下がっていない。総務省仕事しろ!

そうこうしていると声をかけられた。
またまた登場の禿BBの方。テメーらに用はないんだよ!とも言えず、話を聞くと、「だったらSoftBank Airは如何ですか?」とのこと。
話を聞くと、8日以内に解約すれば、一切金はかからないらしい。しかも、今日契約すれば、家電量販店Yで使える10000円分のクーポンが頂けるとのことだった。

私が懸念するのは速度だ。
現在速い時には100Mbpsを超える速度が出ている。しかも上りだとさらに速く、300Mbpsを超えることすらあるのだ。
SoftBank AirはLTE回線だ。最大261Mbpsを謳っているが、上りの帯域は狭かろう・・
「速度に満足できなくても8日以内ならキャンセルできるんですか?」答えはYESであった。
だったら契約するしかないでしょ!
契約の途中アップセールスで禿電まで勧められた。禿電にはiPhone 4時代に痛い目を見て懲りている。しかも大して安くならないのでお断りした。

ちなみに、Airターミナルと呼ばれる本体は58320円するのを分割で払う。
月々の利用料は3800円とのことだが、これは2年間のみ。3年目からは値上げすることになる。
長く使えば損をするって制度はどうにかならないのかね?

さて、持ち帰って早速テスト。
電源に繋ぎ、パスワード設定をするだけですぐに使えた。馬鹿でもチョンでも使えるって訳だ。

結果、速度にはガッカリであった・・
何と5Mbps程度しか出ないのだ・・

比べてもしょうがないのだが、フレッツ光と比べて、下りは1/12程度、上りに至っては1/83程度しか出ない。
これでは不満足である。
私の場合、光回線の置き換えにはならないとの結論に至った。

なお、10000円のクーポンは解約しても返す必要はないとの説明であった。
モニター料として頂いておく。
禿にはこれすら生ぬるいのだが。

追記:
早速ソフトバンクに電話(0800-1111-820)し、解約を告げた。オペレーターからしつこく固定回線やらを提案してくるも厳しく断る。禿だから遠慮はいらない。
それから数日して、解約確認のハガキが届き、そこにAirターミナルを送り返す住所が書かれていた。千葉県だった。
今回は禿が余りにかわいそうなので、着払いの送りつけは止めて、ちゃんと元払いで返却してやった。
このハガキが届いて20日以内に返却しないと違約金を請求します、だとさ。

Yahoo! BB 解約祭り

2015 年 1 月 11 日 コメントはありません

Yahoo! BB 光 with フレッツを契約してようやく2年になろうとしているので、解約することにした。
携帯やスマホの契約と同じように、24ヶ月目だけ解約料が発生しない。このまるでハレー彗星のようなチャンスを見逃すわけにはいかない。

ところで、ネット回線の申し込みはSoftBank経由で行ったが、解約はNTTと別々にしないといけないらしい。
しかし、NTTの分は工事費用(24ヶ月で実質0円となる)の分割がなぜかまだ終わっていないため、解約すると残金の支払いが必要になるようだ。
面倒ではあるが、回線はNTTのまま、プロバイダのみ好きなところに乗り換え、ということもできるということ。

インターネット光回線の、約2年間の実質費用は、把握する限り下記のようになった。
NTT: 1457円 + 2772円 x 12ヶ月 + 2821円 x 9ヶ月 + 解約料4770円 = 64880円
Yahoo! BB: 997円 x 5ヶ月 + 1026円 x 11ヶ月 + チャリティホワイト10円 = 16281円
キャッシュバック: = -45000円
合計: = 36161円

Yahoo! BBは嘘をついて契約させたので、粘りの交渉でWi-Fi地デジパック解除料と返送料分をプロバイダ料金から引かせました。つまり、プロバイダ料金は半年間無料だった。
さらに、なぜか適用外と言い張っていた新生活応援キャンペーンの10000円のキャッシュバックもありました。
ということで上記の総額となっています。色々あった結果、普通の人よりは安く使えた方だと思う。

1ヶ月当たり1507円ですよね..
シンプルな、1ヶ月ズバリ2000円、その他何もなし!ってプロバイダが出てこないかな..
情弱を騙して多く巻き上げる商法はいい加減にして欲しい。
禿 x 光通信押売営業 の複雑怪奇な伝統手法は滅びちまえ、と。

カテゴリー: レビュー タグ: , , ,

Yahoo! BBサービスタイプ変更のお知らせが来た

2014 年 7 月 26 日 コメントはありません

以前にも書いたが、ウチは禿のネットを使っている
ウチのマンションは古いので、回線はNTTのBフレッツでの導入となり、100Mbpsを他の住民たちと共有する形だ。
ところが先日、Yahoo! BBから下記のメールが届いた。

■ 重要 ■ 「Yahoo! BB」 サービスタイプ変更のお知らせ

平素は、弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様よりお申し込みいただきましたYahoo! BBのサービスタイプに関する重要なお知らせです。

この度、NTT東日本/NTT西日本からの連絡を受けまして、お客様より弊社へお申し出いただきましたフレッツ光のサービスに相違があることを確認いたしました。つきましては、「Yahoo! BB 光 with フレッツサービス規約」、「Yahoo! BB 光 フレッツコースサービス規約」に基づき、Yahoo! BBのサービスタイプを変更させていただきます。

サービスタイプの変更内容
■サービスタイプの変更日 : 2014年xx月xx日
■変更後のサービスタイプ : Yahoo! BB 光 with フレッツ(マンション)+フレッツ 光ネクスト(マンションタイプ)

「ご利用料金」確認のお願い
Yahoo! BBのサービスタイプ変更にともない、一部のお客様は料金が変わります。

最初読んでも意味が全く分からなかった。
フレッツ光のサービスをこっちが指定して申し出た覚えはない。勝手に「Bフレッツ マンションタイプ プラン1 VDSL」に決められただけだ。

しかし、時間を使って調べてみると、どうやらウチのマンションがBフレッツを卒業して、フレッツ 光ネクストに対応したらしい。
Bフレッツだと、マンションからNTTまでの回線も100Mbpsだったのが、光ネクストだとそれが1Gbpsになるらしい。
料金も今までと同様になりそうな感じだ。
つまり、デメリットは特にない..ぽい(禿だから断言しかねるが)。

体感的に速くなった感じはないけどね。

カテゴリー: レビュー タグ: , , ,

【人柱】Yahoo! BBの罠

2013 年 3 月 31 日 コメント 2 件

引っ越したので、インターネット回線を引くことにした。
調べてみるとNTTフレッツ光のBフレッツマンションタイプ(VDSL方式)が引けるらしい。
ところで、普通に何かのインフラを引こうと思えば、直接その業者に連絡するものだが、インターネット回線は普通に申し込むと損をする仕組みになっている。
家電量販店などで「インターネットを新規に申し込むと数万円分の商品券がもらえる」などのキャンペーンを見たことがないだろうか?
つまり、普通に申し込むと、商品券やキャッシュバックを得られる権利を失うわけだ。
損は嫌なので、キャッシュバックを受けるための旅が始まった。

価格.comでも事前に調べたが、キャッシュバックの時期はプロバイダによって異なり、全部調べたわけではないが、早そうなのでも数ヶ月はかかるらしい。
金額も高ければ良い、ということではない。使う期間によって、トータルコストが異なるのでExcelなどでシミュレーションが必要になる。

そんな時、たまたま訪れた某家電量販店では、Yahoo! BB 光 with フレッツへの加入で、キャッシュバックが35000円、さらに引っ越したばかりの人や学生はプラス10000円のキャッシュバックがあると言う。
そして一番引かれたのはキャッシュバックまでの時間。一ヶ月程でキャッシュバックされると言うのだ。
価格.comと比較すると、長く続けた場合、金額的には若干の損だが、すぐにキャッシュバックを受け、いつでも契約破棄出来る状態にしておけるのは良い。
早速申し込むと、やはりそこはSoftBank、色々な罠があった。

地雷が沢山..ソフバンの罠

スポンサーリンク