アーカイブ

‘ガジェット’ カテゴリーのアーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneで外部マイクを使ってステレオ録音する方法

2019 年 3 月 17 日 コメントはありません

まずは上の動画をご覧頂きたい。そして音声に集中してみてほしい。できればイヤホンをつけて..
どうだっただろうか? まるでその場にいるかのような、リアルな環境音を感じたのではないだろうか?

こういうリアルな音声を「バイノーラル(Binaural)」と呼ぶそうで、YouTubeなどでも多い。「ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)」や「3Dサウンド」などと呼ばれたりすることもある。
自分が初めて聞いたのはとある遊園地のお化け屋敷で、リアルな音にどういう仕組みなのか興味を持った。
その後、数年前にニコニコ動画などで聞いて、その時の体験を思い出した。
仕組みは結構単純で、右と左で少し離したマイクを使い、集音するだけだ。
左右の音の音量やわずかな時間差をつけたステレオ録音し、それをまた左右のイヤホンに分けて聞かせることで、人間の耳で聞いた時と同じようなリアルな音を作り出す仕組みだ。

これはこれで面白いのだが、今やスマホの時代。簡単に誰でも高画質の動画が撮影できる。
高品質の動画を撮影するにあたり、音にもこだわりたいのなら、やはりステレオで録音したい。
私が普段使っているiPhoneでもステレオ録音やバイノーラル録音ができないものか調べてみた。
iPhoneで気軽にリアルなサウンドを撮影・録音できたらハッピーじゃん?

先に結論を言うと、可能ではあるが、それなりのコストがかかる。
例えば下記のような数万円するiPhone専用のバイノーラルマイクを買えばできる。

なお、2018年に発表・発売されたiPhone XS/XS Max/XRについては、本体にステレオマイクが内蔵されており、単純なステレオ録音であれば、iPhone単体でできる(マイクの位置関係上、リアルなバイノーラル録音は厳しいと思われる)。
また、現状ではステレオ録音に対応するアプリも少ないようだ。

さて、ここから細かく説明しよう。

iPhone 6s以前、iPhoneには3.5mmのイヤホンジャックが付いていた。そこに付属のイヤホンマイクを差し込めば、普通に外部マイクとして録音ができていた。
iPhoneのジャックの規格は「4極のCITA」である。これを覚えていて欲しい。極とは、イヤホンプラグの金属部分のことで、イヤホンによって分離されている数が違う。
もちろん付属のイヤホンマイクでなくとも、同じ規格の物であれば、外部マイクを付けることができた。

iPhone 7以降、イヤホンジャックが廃止され、Lightningに集約された。
ただ、純正のLightning(オス)-3.5mmイヤホンジャック(メス)変換アダプタが付属しており、7以降でもそれを間に挟めば、4極のCITAのイヤホンマイクは利用可能だ。

なお、もしお使いのマイクが3極の場合は、別売りになるが、4極オス-3極メスの変換アダプタを買えば、同じように外部マイクを接続することができる。

ただ、これらは全てモノラルのマイク入力になる。仮にマイクがステレオでも、ステレオで録音されない。よってバイノーラル録音もできない。
それはなぜか?
iPhoneのジャック4極のうち、1極はグラウンド、1極はマイク入力、残り2極はステレオ音声出力(イヤホンで音楽を聴くための)だからだ。
ステレオマイクの場合、2極(ライン)分のマイク入力がある。左右のマイク入力があるのだから当然だ。
つまり、4極のうちの1極が、iPhone側は音声を出力し、マイク側は音声を入力する。出力と入力がぶつかるため、ステレオで録音できないわけだ。
つまり結論として、アナログのイヤホンマイクでの入出力の場合、iPhoneでステレオ録音するのは不可能ということだ。

話が結論に戻るが、なぜLightning端子に対応したマイクであればステレオ録音できるのか?
それはLightningからの入力であり、デジタルであり、そのために作られた機器やアプリがステレオ入力に対応するからだ。
ステレオで録音するには、そもそもiPhoneに左右の音が別々に入らないといけないわけで、それがLightning対応の専用機器ならできるからだ。アナログでは無理だ。

iPhoneを買って、外部マイクで録音するのは簡単だし、安価だ。
しかし、ステレオ録音したければ、それなりの出費が必要になる。
これが私の調べた限りの結論である.. もし違うなら教えて欲しい。

今後iPhoneでもLightning端子が廃止され、Type-Cになると噂される。
そんな中、わざわざ数万円するマイクに投資するのも躊躇してしまうのだった..

カテゴリー: ガジェット タグ: , , ,

Galaxy Note8 / iPhone 8 Plus / iPhone Xのディスプレイを拡大比較してみた

2017 年 11 月 7 日 コメントはありません


iPhone Xが発売されて数日。画面が綺麗とよく言われるので、手元にある、Galaxy Note8 / iPhone 8 Plus / iPhone Xの液晶(有機EL)ディスプレイ画面を比較してみました。


こうして並べても、ぱっと見ると、正直大きな差は感じません..

ではまず、データ上の比較です。

機種 画面サイズ 画素数(解像度) タイプ
Galaxy Note8 6.3インチ 2960 x 1440 (515ppi) 有機EL (OLED)
iPhone 8 Plus 5.5インチ 1920 x 1080 (401ppi) 液晶 (LCD)
iPhone X 5.8インチ 2436 x 1125 (458ppi) 有機EL (OLED)

次に、画面を顕微鏡で拡大して確認してみました。
設定で画面を最大まで明るくし、画面上の白い部分を拡大しています。なお、顕微鏡の倍率は固定(全て同じ)です。

Galaxy Note8

iPhone 8 Plus

iPhone X

拡大円の直径に入るそれぞれのピクセルを数えたところ、Note8は120p、iPhone 8 Plusは90p、iPhone Xは102pという結果でした。
Xの有機ELディスプレイはサムスン製らしいのですが、Note8とPPIも異なりますし、種類?が違うように見えます。
密度の細かさで言えば、Note8が一番上ですが、Xの方は表示がしっかり、くっきりしている印象。でも明るさはやはり液晶である8 Plusの方が上。
つまり見た目にはどれがベストとは言えないと感じます。
ちなみに、公式スペックのppiから比べると、数値が大体1/4.4なので、この円の直径は約5.8mm(=25.4/4.4)でしょうか。

皆さんの実際の印象はどうですか?!

追記:

追記:

iPhone 8 / 8 Plus / X / iPad の急速充電を試してみた

2017 年 9 月 26 日 コメントはありません

新しいiPhoneの8/8 Plus/Xが急速(高速)充電に対応した、ということなので早速試してみた。
急速充電の規格としては、USB PDのようだ。
AppleではすでにMacBookや12.9インチiPad ProでUSB PDによる電力供給に実績がある。

必要な物はUSB PDに対応したACアダプタ電源とApple純正のLightning USB-Cケーブルである。
今回電源として使ったのは中国地場メーカーのUSB PD対応のACアダプタ。
全体で最大80W出力、USB PD対応のポートは、Type-Cコネクタで、最大20V 3.5Aまで出るらしい。

<テスト結果>

iPhone 8 A1906 → 9.45V 1.45A

iPhone 8 Plus A1898 → 9.49V 1.99A

てことで、確かにしっかり急速充電できた。
つまり、通常の5Vに比べ、9Vとしても約1.8倍速く充電できるってことだ。
iPhone Xも恐らく同じで9V程度の電圧で充電できるだろう。
なお、電源を落としている時には通常の電圧(5V程度)になった。

さて、Qiについても書いておく。
Qiで充電している時に、さらに同時にケーブルで充電するとどうなるか? つまり、ダブル充電。より速く充電されるのだろうか?
はっきりとは分からなかったが、Qiの充電器に電流が流れているのは確認できた。上の方のチェッカーがQi充電器に繋いでいるポートだ。
ただ、ケーブルをiPhoneに繋いだ途端、Qi充電器の電流値がガクンと下がった。

それゆえ効果は不明だが、一応ダブル充電はできているぽい。
ところでこのQi充電器は、非認証ながらQC2.0に対応しており、9Vの電圧で電力を供給できる。Qi側で10Wの出力に対応するため、こういう仕様のQi充電器が多い。
なお、上記のACアダプタは、PDだけでなく、QC3.0にも対応している。日本のメーカーもこういうのをさっさと作ればいいのにね..

ついでにiPad Proでも試してみた。

12.9インチiPad Pro(第1世代) A1584 → 約15.6V 約1.80A

12.9インチiPad Pro(第2世代) A1670 → 約15.6V 約1.86A

10.5インチiPad Pro A1709 → 約15.6V 約2.03A

12.9インチiPad Pro(第2世代)や10.5インチiPad ProからAppleのMacBook用の純正61W(87W)アダプタにも対応しているが、9Vの充電になるとのことだった。しかし、ACアダプタ側が適切な電圧に対応していれば、ちゃんとネゴシエーションしてくれるようだ。
純正の29Wのアダプタだと14.5Vだが、1Vほど高い電圧までiPadでも対応しているということだろう。
つまりサードパーティーの充電器でもいいってことだ。

ちなみに、日本のiPhone 8の認証表示画面には、メキシコの認証が表示されないため、実際の規格は不明。

(iPhone 8 Plus)
メキシコは法律的にこういった表示を義務付けてるんだろうね。

(12.9インチiPad Pro)

Android系は主にQC規格による急速充電が多いですが、AppleはUSB PDを採用。QCはクアルコムの規格だからね..
正規のUSBから外れたLightningってのが引っかかるが、まあ正統な方式かと。サードパーティー製の充電器にも対応したわけだから、よしとしよう。
次回iPhoneではせめて付属品として、Lightning USB-Cケーブルを付けてほしいところ。別に買うと高いからね。

てことで、ちょっとお金はかかりますが、より速く充電したい人にはおススメです。
今後はぜひiPhoneでも急速充電ライフをお楽しみ下さい。

追記(2017/11/14):
iPhone Xでは何故か急速充電ができなかったです..?!

追記(2017/11/15):
手元に2台別のiPhone Xが届いたので、その2台でも試したところ、今度はしっかり9.47Vで急速充電できました。
iPhone X A1902 → 9.47V 1.74A

失敗したのとの違いは電池の残量.. 残量が少ない2台は9Vで充電できました。
ひょっとしたら電池残量が多いと急速充電しない仕様?!
そこで充電を続けると.. 80%を超えたところで急速充電が終わり、5Vくらいに下がりました。
ってことで、高速充電モードは80%まで、ってことのようです。
あとやはり急速充電だけに本体は結構熱くなります。

追記(2018/05/13):
今年2018年3月に出た新型のiPad(第6世代=A1954)でも高速充電を試してみましたが、どうやら非対応のようでした。残念!
ところで、2018年秋頃発売の新型iPhoneでは急速充電対応のLightning USB-Cケーブルと充電器が付くという噂がまた出ていますね

追記(2018/09/13):
結局充電周りは新しいiPhone XSやXS Maxでも同じままでした。

追記(2018/09/29):

追記(2018/10/26):

追記(2018/11/08):
2018年の新型iPadが発売されたので早速充電周りをチェック。
今回のiPadはとうとうUSB Type-C(AppleはUSB-Cと表記している)コネクタが採用された!
まず、11インチも12.9インチも両方ともPDに対応したACアダプタが同梱されている。両方とも全く同じアダプタであった。
但し、このアダプタは、最大9V 2Aの18W出力だ。よって充電力としてはさほど高くない。


試したところ、他のPD対応のACアダプタもこれまで通り使えるようだ。
その場合、15.3Vの30Wくらいまで出ていたので、より速く充電したいのであれば、MacBookや他社のACアダプタを使うといいだろう。
なお、PD対応した他社品のType-Cケーブルも使えた。
ただ、なぜか充電が始まらないこともあり、不安定であった。これはiOSが原因かも知れない。

追記(2019/04/01):
2019年版、iPad Air、iPad miniの両方とも急速充電に対応していました!

追記(2019/04/11):

カテゴリー: ガジェット タグ: , , , , ,

Thunderbolt 3 と USB Type-C (3.1 Gen2)

2017 年 9 月 4 日 コメントはありません

過去の記事で、USBについてまとめた
その際、現状の最高の規格としては、データ通信速度がUSB 3.1 Gen2の10Gbps、通電がUSB PDの20V x 5A = 100W、そしてコネクタ形状は両挿しが可能なType-C形状にやがて統一されるであろう、とした。

さて、Thunderbolt 3である。..これってナニ??
今までのThunderbolt(1と2)はコネクタがUSBとは異なっていた。しかし、Thunderbolt 3から、コネクタの形状がUSB Type-Cとなった。
速度は最大で40Gbps、通電はPDと同じ100Wまでサポートされるらしい。
では、USBと何が違うのか?

実は、USB Type-Cには、「E-Marker」と「オルタネートモード」という仕組みがある
これらに対応したUSBケーブル(もちろん機器側も)で、Thunderbolt 3の規格にも対応しているなら、Thunderbolt 3が使えることになる。
簡単に言えば、USB Type-Cのコネクタ/ケーブルには、沢山のピン/ケーブルが入っており、通常のUSBでは使わない部分で信号を流し、かつそれを認識するチップを入れて制御する、という仕組み。
USB Type-Cのこの仕組みを使って、同じケーブルで、より高機能なThunderbolt 3を実現している、というわけだ。
ちなみに、Thunderboltはインテルの開発した規格である

Thunderbolt 3のケーブルも機器もまだまだ普及していないし、高価だ。
機器によっては、そもそもこんな高機能なケーブルは不要だろう。
しかし、そこは血が騒ぐってのが、男って生き物。
早速ではあるが、中国メーカーから入手することにした。
でも.. 試す機器がない..(T T)
恐いのは、QCでこのケーブルを利用すると、中のチップが壊れることだ..

<参考>
USB Type-CとUSB 3.1、Thunderbolt 3、DisplayPort など
MacBook ProとWindowsとThunderbolt3とUSB Type-C
USB-TypeCで、地獄をみた話。
Thunderbolt 3とUSB Type-Cの関係性について調べた

カテゴリー: ガジェット タグ: , ,

iPhone 8の図面を入手したぞ~!

2017 年 4 月 22 日 コメントはありません

中国の関係者から、iPhone 8の図面を入手しました。
簡易的ですが、その関係者曰く「90%間違いない!」とのこと。
それが下の画像・・

巷では、マイナーアップデートのiPhone 7sも出て、8はプレミアムモデルになるとか何とか..

私が今使っているのは6sですので、そろそろ変えるかも知れないです。

カテゴリー: ガジェット タグ: ,
スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 8