アーカイブ

‘その他’ カテゴリーのアーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【金利】利上げの効果と利下げの効果

2020 年 5 月 24 日 コメントはありません

💹

世界経済を理解する時に度々出てくる「金利」の話。
その国の中央銀行が政策金利を上げただの、下げただの..
正直よく分からない..

私もトルコリラにゼロクーポン債という形でほんの少しだけ投資している。
例えば、3年後に100万円もらえる権利を、今なら50万円で売りますよ、というのがゼロクーポン債です。
一見すると、ものすごくお得に見えるけど、将来その通貨が大暴落したら、100万円をもらったところで、その時点の価値は投資当時の50万円分もない可能性がある。
逆に言うと、それだけお得にしないと誰も見向きもしないレベルの通貨・投資先ってこと。

トルコも長いこと通貨危機が叫ばれているけど、金利を上げ下げしてどうなるの?ってことについて、その時々では理解していたけど、改めて考えるとついつい忘れがち。
ということで下にまとめてみました。

効果 利上げ 利下げ
レート(対外貨) 上がる 下がる
株価 下がる 上がる
不動産価格 下がる 上がる
利回り 上がる 下がる
物価 下がる 上がる
投資 減る 増える
輸出 減る 増える
輸入 増える 減る
景気 悪くなる 良くなる
小林義崇

上の表の例で言うと、その通貨の利上げをすることで、その通貨が魅力的な投資先になり、海外から買われる。結果、対外貨のレートも上がる、ということ。
他にも、利下げをすると、投資コストが下がるため、投資が増えて株価や不動産価格が上昇したり、景気が良くなる。
いくら政府とは言え、株価を直接コントロールすることはできないけど、金利を上げ下げすることで、間接的に株価や景気をコントロールできるわけです。

しかし、日本はバブル崩壊後、不思議な状態です。
ずっと利下げして、とうとうマイナス金利にすらなったけど、長い間株価も低迷し、不動産価格も下がり続け、景気も悪かった。物価も実質下がっていた。
アメリカのサイモン・グズネッツというノーベル経済学賞受賞の学者曰く「世界には4つの国しかない。先進国と途上国、そして日本とアルゼンチンである」。
それだけ日本という国の経済状況がガラパゴス状態なわけです。
まあこれはバブル後遺症の心理的な部分が大きいと思うな。貯金こそ正義みたいな。
物価が下がって、現金が強かったので、結果的にこの経済行為は正しかったわけですが。
ということで、金利を上げ下げしても、必ずしも結果が上の表のようになるとは限りません。人間心理が大きな影響を与えるんだと思います。

まあ上の表を見ると、国の金利が動くと何を狙っているのかが分かりやすくなると思うので、有用かと思います。
個人的にはトルコが心配ですが..
サウジアラビア大使館事件があった時には「すごいな、よくやったな、これでトルコは色々恩恵受けられるな、投資は成功だ」と思ったんですが.. 今はどの国も自国のことで精いっぱいですからね~

カテゴリー: その他 タグ: ,

銀行検索

2019 年 7 月 28 日 コメントはありません

日本の銀行のコードや名前、支店コード、支店名を検索できるシステムを作ってみました。
銀行名や支店名、カナなどから検索できます。
Ajaxで作っているので入力するだけで検索できます。
こちらから。下部にiframeで貼りつけておきます。

Enjoy!

カテゴリー: その他 タグ: ,

古代朝鮮について

2017 年 10 月 8 日 コメントはありません

韓国人や一部研究者の言う歴史認識に惑わされてはいけない。
古代朝鮮人が日本を支配していた、とか、漢字の読み方を教えたのは韓国人だ、とか。
我が国の日本書紀や古事記を読めば、倭国や大和が朝鮮を支配していたことが分かるし、朝鮮の歴史書である三国史記や、中国の歴史書にもそのことが書かれている。
ここでは多くを語らない。
以下の動画を見れば理解できることだろう。

歴史書を読むと..

朝鮮の三国史記を読むと..

個人的によくここまで調べましたな..

天皇家の人間が騎馬民族征服王朝説を語る..

まやかしと妄想の歴史を学べと言われても、ね。

カテゴリー: その他 タグ: ,

CICで個人の信用度を確認してみた

2017 年 9 月 16 日 コメントはありません

CICでクレヒスの信用情報を開示して分かったことを箇条書きにしてみる。

まとめてではなく、カード会社ごとに情報が出る。
なので、あるカードではちゃんと返済していても、あるカードで延滞があると記録が残る。
数日遅れの延滞くらいなら問題ある記録がされないこともある。

カード会社ごとに更新の頻度が違う。
毎月しっかり更新してくるところもあれば、毎月でないこともある。

いくら使ったか、とかの情報はほとんど出ない。金額情報は直近ののみ。
ちゃんと払っているかの記録のみなので、信用を高めたい人は少額決済しながら返済するといいだろう。

記録は2年分残っている。
ただ、途中でカードを解約すると、その後そのカードの情報は更新されずずっと古い情報が残る(最大5年間)ことになる。
従って、完済しても、カードは解約しない方がいいと思われる。
そうすれば2年で悪い記録は押し出され消える。解約すると更新されなくなり、5年消えない。
特に携帯の割賦契約は途中解約する可能性が高いのでヤバイ..

結果として、ネットで開示請求し、1000円かかったがやってみてよかった。
ちなみに、引っ越したばかりだったが、カード会社のサイトなどでちゃんと住所変更や電話番号変更を行って、1ヶ月ほど経って行った。
また、免許証番号や、過去の電話番号なども分かるところは全て入力した。

カテゴリー: その他 タグ: ,

インターネット検索の思い出

2017 年 3 月 11 日 コメントはありません

今回の話は最近の若い人や古くからネットに触れてこなかった人は恐らく知らないかも知れない。

私が初めてインターネットに触れたのは、1998年だったと思う。
当時通っていた大学にインターネットが導入されたのだ(もっと早くから導入されていたのかも知れないが、本格導入はこの年だった)。

余りの便利さにのめり込んだ。
それから数年間、検索サイトの大手はYahoo!gooだった。
Googleではない。gooである。

検索を主体にしたポータルサイトが活況な時代だった。
その中でも上述の2サイトは最も有名だった。
当時、Yahoo!は「ディレクトリ型エンジン」、gooは「ロボット型検索エンジン」と呼ばれていた。

今では信じられないが、Yahoo!にはサイトをサーフ(笑)する専門のクローラーなる人がいて、人力で検索サイトを作っていた。
つまり、人が見て、内容を把握し、それを登録した上で検索させるような仕組みだった。
一方のgooは、自動巡回で内容を取得し、検索させていた。

私はどちらかと言うとYahoo!を好んで使っていた。
そして一般的にもそうらしく、Yahoo!の方が規模としては大きかったと思う。
ヤフオクなどのサービスもヒットしていた。

gooの弱点は精度の低さだった。
自動な分、大量の情報を扱っていたが、余計な内容を拾うことが多い。
例えばサイト内に様々なキーワードをわざと埋め込むと、gooはそれをそのサイトの情報と認識し、それを検索に反映させる。
アクセス数を増やしたい人はそういう行為を行っていたのだ。
当時、ネットのサイト運営だけで個人が稼ぐのは難しい時代だった。今のように簡単に広告は埋め込めず、広告主をほぼ自力で探さなければならなかったのだ。
それでもアクセス数を増やしたい人はいるってことだ。

やはり検索はYahoo!の方が上か・・?!
日本ではそう思われていた。Yahoo!とgooの覇権争いも終盤に差し掛かっていた。
しかし、頭のいい人はそこで止まらない。Googleという黒船が海の向こうからやって来たのだった。

Googleはgooと同じくロボット型検索エンジンだが、精度、すなわちアルゴリズムが桁違いに良かった。
NTTよりもGreatな賢い人達が作り上げた検索エンジンだった。
さらに、Googleはアメリカのサイトだが、最初から外国語を扱うことを前提としていた。地域に合ったカスタマイズができる仕様だったのだ。日本でもすぐ利用することが可能であった。
少し専門的な話をすると、昔の日本語サイトは主に「Shift_JIS」「EUC-JP」という文字コードで作成されていた。
未だにメールなどでこれらコードを見かけるが、基本的には日本語しか扱えないので、文字化けをよく起こす。当然外国語も取り扱えない。
しかしGoogleは初めから「UTF-8」という多言語を扱える文字コードで作成されていた。
このブログもUTF-8で作成しているので日本語以外の言語を同時に表記できる。您好专家!

インターネットは爆発的、指数関数的に情報が増えた。
それを人力で対応するのは無理があった。Yahoo!は有料登録などを始めたが、時代遅れになった。
数年の戦いの後、日本の検索はGoogle一色になり、皆さんが知ってのとおり、ググる時代になったのだ。
今日では、Yahoo!もgooも、Googleの検索エンジンを使っている。

情報を発信する時代になり、そこから検索の必要性が産まれ、検索ポータルが誕生し、進化し、そのおかげで我々誰もがその時々に必要な情報にアクセスできる時代になった。
そして、有用な情報を発信した者は、それで報酬を得ることも簡単な時代になった。

最後に面白い過去の話を書いておく。
gooのドメインは、goo.ne.jpだ。
実は当時、goo.co.jpというサイトが別に存在した。エロサイトであった。
そのエロサイト、早くから運営していたのだが、後にgooから訴えられたのだ。
エロサイトは閉鎖に追い込まれたようで、理不尽だと嘆いていたのを思い出す..
オトナの事情なのだろう。哀れであった。

カテゴリー: その他 タグ: , ,
スポンサーリンク