スポンサーリンク

職級はやっぱり必要

2017 年 4 月 8 日 コメントをどうぞ コメント

私は完全に理解してないけど、ピーターの法則が正しいと思ってる。
つまり組織は昇進で無能化する。

ここでまず言葉の定義をする。
職位とは、いわゆる肩書き。係長、課長、部長などがそれにあたる。
職級とは、級が上がれば給与などか上がり、もちろん職位とある程度リンクするが、職級が高くても、必ずしも職位がある(高い)とは限らない。職級を資格とか呼ぶこともある。

さて、管理職に向いてない人も少なくない。
かと言って、管理職ならない人も貢献度や能力向上によって、給与で報われるべきだ。
しかし、日本の中小企業の多くが職級を理解しないまま馬鹿にし(大企業はよくわからない肩書きだらけと言う)、職位のみ作り、職級を作らない。
中小企業では昇進し、役職を獲得しないと給与が上がらないシステムが多いのだ。

例えば営業マンとしては一流でも、人の管理に長けない人も多い。名選手が名監督になれるとは限らない。
マネージャは教育の能力がいるが、自分はできることでも、教えるとなると話は別だ。
教えるのは体系的に学んだ必要があり、感覚で覚えてきたことは教えるのが難しい。

一流の営業マンやプログラマには、職位が低くいまま職級を高くし、給与を課長「級」などにすることで報いるべきだ。
会社に貢献した人物の給与を上げるためだけに出世させ、無理やりマネージャにし、苦手なことをさせては本人や会社のためにならない。
職能(仕事の能力)や職務(仕事の内容)資格による職級を考えるのだ。

中小企業の社長や人事担当者はよく考えるべきだ。
会社は人である。
これから人手不足が起きる。一番大切なことを改めて考えよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

    None Found
カテゴリー: 仕事 タグ: , , , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA


スパム防止 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.