スポンサーリンク

Tシャツの知識

2012 年 7 月 20 日 コメントをどうぞ コメント

Tシャツに関する知識をまとめてみたいと思う。

Tシャツは一種の編み物(ニット)である。編んだ生地を切り、縫製するのでカットソーとも呼ばれる。
話は逸れるが、編み物以外に織物と呼ばれる生地がある。織物とは縦と横の糸で織ったもの、鶴の恩返しで鶴が作っていた反物が織物の生地だ。
そして、編み物とは誤解を恐れずに言えば、一本の糸を編んで作った物だ。
編み物と言えば、女の子が好きな男の子のためにマフラーを編んだりすることを想像してしまうが、同じようにTシャツも細い糸を細かく編んで作っている。
1mmもいかないような細い糸を相当に細かく編んでいる。現実的に人間の手で作れる物ではないので、生地は編み機と呼ばれる機械で作られている。
つまり、織物で作る衣料品の歴史は長いが、Tシャツなどのカットソーと呼ばれる衣料品は近代になって作られ始めたと言える。
Tシャツと言えば安価な物を想像してしまうが、昔の人はTシャツを着ることは出来なかったわけだ。

Tシャツは様々な糸、様々な編み方、染め方をされて作られた生地を、様々な縫製を行うことで作られる。
もちろんその後にプリントして柄を入れたり、付属品を付けて付加価値を上げたりもするが、ここでは生地と縫製についてまとめようと思う。

・スパン(紡績)
植物繊維や動物繊維などの短い天然繊維を紡いで長くした糸。
・フィラメント
化学繊維などの長く作られた繊維を撚った糸。
天然繊維は短いためスパンしか作れないが(絹は除く)、化学繊維は調整できるのでスパンもフィラメントも両方作れる。

糸番手は数値が低いほど太い。
40双糸というと、40/2などと表記する。この場合40番手の糸を2本撚って作るので実際は20番手の糸と同じ太さ。2本撚ることで強くなり、しなやかさを残している。
番手表記は綿などで使う。840ヤード(768.1m)で1ポンド(453.6g)の糸が1番手。同じ1ポンドで倍の1680ヤードの糸が2番手。
40番手の糸は33600ヤードで1ポンドの糸。それを2本撚って作ったのが40双糸。
なお、糸が1本の場合は単糸と言って、20/1、20/-、20/sなどと表記する。
1番手=840ヤード=1ポンド
2番手=1680ヤード=1ポンド
40番手=33600ヤード=1ポンド

なお、合成繊維などではデニール表記を使うことが多い。
1デニール=9000m=1g
2デニール=9000m=2g
40デニール=9000m=40g
1番手=9000m=5314.88g=5314.88デニール
2番手=9000m=2657.44g=2657.44デニール
40番手=9000m=132.872g=132.872デニール

糸の処理の仕方(綿花を紡ぐ最終工程で丹念にコーマ通し/コーミングすること)でランクが分けられる。
・コーマ糸
不良部分を15-25%取り除いている。
・セミコーマ糸
不良部分を10%取り除いている。
・カード糸
不良部分を5%取り除いている。

編み方

・天竺編み(メリヤス編み)
もっとも一般的。裏表が違う。
・フライス編み
首や袖の「リブ」に使われる、強度も大変高く強い伸縮性のある編み方。
・スムース編み
フライス編みを2つ組み合わせた両面編みの別称。表裏どちらの面から見ても編目がなめらかで、多少厚みのある質感と、適度に抑えられた伸縮性が特徴。
・鹿の子編み
ポロシャツによく見られる表面に凹凸のテクスチャが出る編み方。プリントの際には天竺ほど色乗りが良くなくフラットに仕上がりにくい。
・目付けについて
編み方の密度のこと。甘い(ゆるい)、度詰め(きつい)などと表現する。

厚み

Tシャツだと1平方ヤード当りのオンス(oz)での重量表記が多い。
・3-4oz
薄手生地、価格もリーズナブルなものが多いですが、高品質の薄手素材もあります。
・5-7oz
一般的にヘビーウェイトと呼ばれる厚手の生地で、しっかりしたタイプ。
・9-13oz
スウェット(トレーナーやパーカー等)の生地で、12oz以上はかなり厚手の生地。
例:5.6oz(159g)/平方ヤード=約190g/平方メートル

生地の重量相互換算機(グラム/平方メートル⇔オンス/平方ヤード)


染め

生地の染め方にも色々な方法があるが、簡単に分けると以下のようになる。
・先染め(糸染め/トップ染め)
糸やワタの段階で染める。化繊の場合は原料に染料などを混ぜて糸を作る。
・後染め
生地になった段階で染める。
・プリント(製品染め)
縫製まで終わり、服になった段階で色や柄を付ける。
品質的に一番良さそうなのが先染めであるが、現代において消費者の多様なニーズを満たすために、後から染めた方が良いとも言える。
つまり、何が良くで何が悪いというのは見方によって異なる。

染料と顔料の違い

・染料
水に溶けるので、繊維の中に浸透、化学的に結合する。擦っても落ちないが、にじみやすい。
・顔料
粒子状態で生地の表面部分に吸着する。にじみがないが、擦ると落ちやすい。
染料・顔料ともに天然のもの、人工的なものがある。
Tシャツは染料で生地全体を染め、柄などは顔料でプリントすることが多い。これもどちらが優れているということはなく、特徴に合わせた選択が必要である。

生地のまとめ

糸の太さ、糸の処理、編み方、目付けなどによって厚みや生地の品質が変わってくる。
一般的なTシャツの生地は、32番手の双糸(32/2)、天竺編みで180g/平方メートルの生地などを使っている。
細い糸を使ってもびっしり編み込めば重たい生地になるし、太い糸でも甘く編めば軽い生地になる。
そして、その生地を染めたりプリントしたりし、生地として完成する。

縫製

Tシャツは編んだ生地をカットして縫うのでカットソーとも呼ばれる。
・ストレート
本縫い、直線縫いも呼ばれる縫い方。
・チェーン
環縫いとも呼ばれる縫い方。
・割縫い
前身ごろと後身ごろを直縫いした後に縫いしろをアイロンで割ることから割縫いと呼ばれる。つまり、直線縫いの一種。両身ごろともに、先にロックミシンをかけることが多い。
・インターロック
ロックミシンをかけると同時に縫い合わせる。両身ごろともに、ロックミシンを同時にかけることになるため、縫いしろは片方に倒す。強度的には、直線縫いよりちょっと強い。普通は生地をカットしながら縫う。1本針3本糸ロック、2本針4本糸ロック、2本針5本糸ロックなどがある。Tシャツに多く用いられるのが、2本針4本糸ロック。
・インターロック+たたき縫い
インターロックミシンをかけた後に、縫いしろを倒し、さらに直線縫いで縫う。強度としては、インターロックだけの場合より強くなる。インターロックだけの場合と違い、縫い目が表に出る。
・巻き縫い
前身ごろと後身ごろを噛み合わせるような状態に縫う。強度としてはかなり強い。
・コバステッチ
別々の生地を縫い合わせるためや縫い代を落ち着かせて、すっきり丈夫に仕上げるため、布の端から1-3mmぐらい入ったところにかけるステッチのこと。

工場

実際にTシャツを作るのは縫製工場だが、縫製自体はミシンが一台あればできるわけで、縫製工場と言っても、数人規模のところから数千人規模のところまで規模は様々だ。
一般に小さい工場で生地から作っているところは少なく、生地は生地工場や生地問屋から買って来て、縫製だけ行うということもある。プリントなども外注する場合がある。
全て自社で行っているような大規模な工場は良いが、こちらの少ないオーダーを受けてくれなかったり、規模に見合った値段だったりする。

プリント

Tシャツにプリントする方法は、シルクスクリーン印刷が用いられることが多い。
そこで、シルクスクリーン印刷の仕組みを簡単に説明する。
細かい網目に織られたメッシュ状の布を想像して頂きたい。その布に感光剤を塗る。感光剤は紫外線で硬化する。
プリントする絵柄の部分だけを硬化させないようにするため、絵柄を黒く印刷したフィルムを貼り、硬化させる。
布が硬化したら、フィルムをはがす。フィルムの柄を印刷した部分のみが紫外線を通さず硬化していないので、その部分を洗い流す。
すると、硬化した部分とインクを通す硬化しなかった柄部分に分かれたシートができる。これをシルクスクリーンと呼ぶ。
Tシャツの上にシルクスクリーンを載せ、その上からインクをヘラなどで塗る。
硬化した部分はインクを通さないが、硬化しなかった柄部分の網目はインクを通すので、Tシャツ上にインクが付き、プリントできる。
布と硬化剤が一体になったシートも売られているらしい。
また、インクジェット用のフィルムも市販されているので、家庭でシルクスクリーン印刷に挑戦している人もいる。

参考サイト

http://www.tokyo929.or.jp/column
http://www.toray.jp/uniform/sozai/soz_002.html
http://www.marusyosangyo.jp/kawariito/itonokisochisiki1.htm
http://www.tshirt.st/site/oz.html
http://www.dupri.jp/oz.html
http://www.firstexperience.jp/product/about_fabric.html
http://www.ts.houseiya.net/tskiji.html
http://www.lovely-tshirt.com/kiji.html
http://www.smile-cc.com/commodity/material.html
http://wildberryshop.jugem.jp/?cid=1
http://www.geocities.co.jp/Milano-Killer/9167/etc09.html
http://eijucraft.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-3de7.html
http://pattern-label.seesaa.net/article/41928274.html
http://www.shimada-mishin.com/column/columnl008.html
http://andomishin.com/lock-tigai.htm
http://ameblo.jp/moreau-and-co/entry-10810479865.html
http://t-shirt.suruyo.com/silk2/index.html
http://howe-gtr.air-nifty.com/tamakichi/2009/11/tdiy-41a5.html
http://ameblo.jp/alpha-uni/entry-10455304642.html
http://www.rub-lab.com/design/print.php
http://tshirts.shinko-music.co.jp/lecture/type.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

カテゴリー: 仕事 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA


スパム防止 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.