スポンサーリンク

iPhoneの電波状況を確認する方法

2015 年 2 月 22 日 コメントをどうぞ コメント

iPhoneの電話で「*3001#12345#*」と番号入れて、通話ボタンを押すと、電波状況の確認ができます。
一種の隠しコマンドなのだそうです。

その中の「Serving Cell Info」にある「Freq Band Indicator」がLTEの周波数帯のバンド番号になります。
例えば、auのプラチナバンドである800MHz帯は18になります。

auのLTEは、1の2.1GHz帯、11の1.5GHz帯、18の800MHz帯、28の700MHz帯です。
18は一番エリアが広く1がそれに続き11はエリアがまだまだ少なく28はこれからのようです。
いずれにしろ、私の使うiPhone 5c(A1456)は、バンド11と28には対応していないので関係ないですけどね。
なお、通信速度的には20MHz幅が使える1が速いのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

カテゴリー: ガジェット タグ: , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA


スパム防止 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.