アーカイブ

‘iPhone’ タグのついている投稿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneから余ったAndroidスマホを操作して自宅を監視してみた

2014 年 7 月 21 日 コメントはありません

手元に、普段使っているiPhoneと以前購入して使っていないAndroidスマホがありました。
以前から、自宅の様子などを遠隔地から監視できないかと思っていましたが、カメラ付きAndroidスマホを使えば簡単にできるということを思い付きました。

前提として、Androidスマホは携帯回線を契約しているか、Wi-Fi(無線LAN)に接続していることが条件になります。遠隔操作なので、ネットワークへの接続は必須です。
今回は携帯回線は解約済みで、Wi-Fi接続しているとします。

まず、AndroidスマホにAirDroidをインストールします。
最初に起動した際に求められるパスワード設定などはスキップして構いません。家庭内のネットワークからの操作なら不要でしょう。
次に、同じネットワークに接続しているデバイス(PC|iPhone)のブラウザから、Androidスマホに表示されているIPアドレスへアクセスします。

すると、Androidスマホ画面に承認するかどうかのアラートが出ますので、当然承認します。この承認は毎回必要ですが、設定で承認不要にすることもできます。

接続中にはこうなります。

ブラウザから色んな操作ができますので、遊んで下さい。カメラを起動すれば、遠隔で監視できます。撮影ももちろんできます。

ところで、スマホを放置し、スリープモードに入ってしまうと、AirDroid動作しなくなり、当然外部からアクセスもできなくなるようです。それを防ぐためには、KeepScreenなどのアプリで、スリープしないようにするなどの対策が必要です。

外出先からアクセスするには・・

カテゴリー: ガジェット タグ: , , ,

Kindleで漫画を買ってiPhoneで読んでみた

2014 年 6 月 8 日 コメントはありません

今更ながら、電子書籍を体験しました。

海外生活が長かったので、私は日本語の本に飢えていた時期がありました。
古くは家族に買ってもらった本をEMSなどで送ってもらったりしていました。

さて、海外でも日本人の多い都市(例えば香港・上海・バンコク・クアラルンプールなど)には、日本の本屋さんがあり、日本語の本や雑誌が売られています
とても助かるのですが、売られている本は非常に高価で、定価のおよそ1.3~2倍ほどの値段がついています。
それでも読みたい本は買っていました。

時代は流れ、考えたのは、所謂自炊の委託です。
BOOKSCANで一時話題になった、スキャンの代行のことです。
それも、スキャン代行業者に、ネットで買った本を直接送り、スキャンしてもらうって方法です。
当初は難しそうだったのですが、同じことを考える人は結構いるらしく、代行業者もそういったサービスを始めたようでした。
しかし、異様なほど待たされるようで、結局使うには至りませんでした。

そしてついにKindleへ・・

香港のApple StoreでiPhoneを買ってみた

2013 年 11 月 25 日 コメントはありません

とうとう日本でもSIMフリーのiPhoneが発売になりましたが、元々SIMフリーのiPhoneを買うなら香港というのが選択肢の一つでした。
香港で販売されているiPhoneは、キャリアから出ているのも含め、SIMフリーです。
そこで潜入取材し、ついでに自分用のiPhoneも買って来ました!

香港には携帯ショップが集中する先達市場や携帯売り場が売り場のほとんどを占める家電量販店などがありますが、もちろん目指すのはApple Storeです。
香港にApple Storeは三つあります。二つは香港島、もう一つは九龍半島です。


香港中環金融街8號國際金融中心商場
空港行き鉄道の香港駅のショッピングモールにあります。


香港希慎廣場軒尼詩道500號
銅鑼湾のそごうの近くです。


香港九龍塘達之路80號又一城
中国行き鉄道の九龍塘駅のショッピングモールにあります。

それぞれのお店ではクレジットカードも使えるので、お支払いもカンタンです。
観光ついでに立ち寄られたらいかがでしょうか。
ちなみに客のほとんどが中国からの観光客でした。

iPhoneで営業マンや子供の管理

2013 年 11 月 17 日 コメントはありません

iPhoneには高性能なGPSが内臓されているし、常時ネットに繋がっている。アプリも豊富だ。
これを様々な局面で利用している人は多いだろう。
iPhoneを営業マンに持たせている会社も少なくないはず。
これを営業管理に利用しない手はない。
今回は会社で営業マン一人一人にiPhoneを支給して、管理する方法のまとめ。

< 目的>
営業マンの居場所が知りたい
・会社支給のiPhoneへ勝手にAPPを入れたり、消したりされたくない
・必要と判断したAPPを簡単に全員へ共有させたい(規約上10台まで)
・業務効率化のためにiMessageやFaceTimeも利用したい

iPhone上で、通常のApple IDとiCloudはそれぞれ別のApple IDが使えるらしい。
従って、通常のApple IDは一台一台個別のメールアドレスを割り当てる(ただしパスワードは教えない)。
そして、iCloudは(別の)全員同じApple IDを使用する(当然こちらもパスワードは教えない)。
ただし、iCloudの「iPhoneを探す」以外はオフに設定しておくこと(でないと全てのデバイスでiCloudが共有されてしまう)。

さらに、機能制限を各iPhoneで設定する。
・「アカウント」の「変更を許可しない」。
・「iTunes Store」は「オフ」。
・「APPのインストール」、「APPの削除」、「APP内での購入」は「オフ」。
・「位置情報サービス」も「iPhoneを探す」を弄られないようにするため「変更を許可しない」。

これで同じApple IDでウェブ上のiCloud.comへログインし、「iPhoneを探す」を使うことで、各営業マンの位置が同時に把握できる。

しかしこれでは、業務上必要なAPPをそれぞれに都度入れないといけないので面倒だ。
< 参考>
http://norirow.com/archives/6147
http://support.apple.com/kb/ht4213?viewlocale=ja_JP

通常使うApple IDも全員同じメールアドレスを使用すれば、APPの共有などができるが、そうするとiMessageやFaceTimeなどまでが共有されてしまい、メッセージのやり取りができなくなる(全員同時に着信してしまう)。
そこで、営業マンごとに、着信用と発信者用メールアドレスをApple IDとは別のに設定することで対応可能になる。
< 参考>
http://www.ipod-podcast.jp/ipod_touch_4/pc/step06/m06.php
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1377799928

Store設定で、APPの自動ダウンロード設定もできるので、必要なAPPの同時導入、統一管理も簡単。いちいち都度入れなくてもよい(管理者が管理する一台か、iTunesに入れるだけでAPPが同期される)。
< 参考>
http://www.appbank.net/2011/06/07/iphone-news/262029.php
http://www.appbank.net/2011/10/31/iphone-news/321334.php
http://support.apple.com/kb/ht4539?viewlocale=ja_JP

~結論~

カテゴリー: ガジェット タグ: , , ,

Google Latitudeの代わりを作ってみた

2013 年 11 月 16 日 コメントはありません

2013年8月9日をもって、Google Latitudeのサービスが終了しました

今までは、このサービスを使って、自分がどこにいるのかブログパーツで知らせていました
GPS内蔵の携帯やスマホを通じて(セキュリティ上から手動で)現在地を更新し、ブログパーツ化したGoogleマップの上にその現在地(最終更新地)が表示されるので、非常に便利でした。
しかし、利用者が少なかったのか、儲からないであろうこの事業からは手を引いたようです。

そこで、何とか代替品を作るべく、とりあえずiPhoneで動く(現在地更新ができる)ことを目標に、立ち上がりました。

まず現在地を取得する方法ですが、最近のブラウザは標準で現在地(つまり緯度・経度など)を取得できるようです。
これはHTML5のGeolocation APIという仕様によるものらしく、パソコンだとIPアドレスなどから取得するので不正確ですが、iPhoneなどではGPSからなので、かなり正確な現在地を取得してくれます。
つまり、iPhoneでブラウザからスクリプトにアクセスすることで、現在地が簡単に取得できます。

後は取得した緯度と経度をGoogleマップに渡してやれば現在地の表示は比較的簡単にできるはず。
表示させると同時に、自分のサーバーに位置情報を書き込む。
ブログパーツではその位置情報を読み込み、毎回Googleマップに渡して表示すれば・・と頭の中で仕様が大体出来上がりました。

それでは早速作ってみましょう。

作り方

スポンサーリンク