スポンサーリンク

ConoHa VPSとエックスサーバーを比較してみた

2019 年 1 月 13 日 コメントをどうぞ コメント

開設当初、サーバーはロリポップを使っていたが、遅くなったため、評判の良いエックスサーバーに移転した。
しかし当初は満足していたはずのエックスサーバーにも徐々に不満が出ている。
運営サポートが勝手にアクセスを遮断する事が何度かあったのだ。共有サーバー故に何かと厳しいのは分かるが、これでは安定した運営ができないではないか..
また、2016年に約束されたはずのサーバーのメモリ増強が私のサーバーでは2年経っても一向に実施されない。これでは嘘つきではないか..
そのため、より自由度の高いVPSなどへの移転を模索していたが、サーバー運営の経験はほとんどなく、コンソールの操作にも不安があるし、本業の方が忙しく、時間も取れない。
そんな時、たまたまよく行く中国でVPNに対する規制が強化され、その対策として試しにShadowsocksRのサーバーを立ち上げようと思い、初期費用も不要なConoHaでVPSを借りてみた。
そうこうするうちに、コンソールにも徐々に慣れて来て、SSHによるアップロードにも問題がなくなったので、せっかくなので、この機会に、ConoHa VPSとエックスサーバーのウェブサーバーとしての速度を比較してみたい。

まずは回線速度の比較をした。
約157MBのビデオファイルを両者にアップロードし、ブラウザで開く。どちらが速く見られるだろうか?
アクセスは日本国内から。どちらのサーバーも日本国内である。計測は日曜の夜、光回線(v6プラス)からパソコンのChromeを使った。
バイアスがかからないよう、計測時にはスマホでビデオを撮影し、記録を取った。ビデオファイルにブラウザからアクセスし、シークバーが満タンになるまでの時間(秒単位になるのはご了承頂きたい)である。
また、1回だけではたまたまということがあるため、同時間帯ではあるが、各サーバーとも交互に5回計測した。

回目 ConoHa VPS エックスサーバー
1 41秒 54秒
2 41秒 54秒
3 40秒 62秒
4 39秒 49秒
5 39秒 51秒
平均 40秒 54秒

上記は時間が短いのが速いということだ。
ConoHa VPSが平均40秒、エックスサーバーが平均54秒。
つまり、結果としては、ConoHa VPSの方が速かった!
時、場所、場合にもよるだろうが、ConoHa VPSの回線はエックスサーバーよりも上かも知れない。

ビデオファイルではサーバーのハードウェアとしての能力は測れないと思われたので、今度は自作のCMS(PHPで作成)を両者にアップロードし、第三者のサイトをいくつか使って測定を行った。
どちらのスコアが高く、速いのか?

計測サイト ConoHa VPS エックスサーバー
Google 100点 92点
GTmetrix Fully Loaded Time 2.6秒 4.0秒
pingdom Load time 0.64秒 1.38秒

何と全てでConoHa VPSがエックスサーバーを上回っている(公平に言うとGtmetrixのPageSpeed Scoreなどではエックスサーバーの方が僅かながら上だった)。
なお、ConoHa VPSは、最も安いプラン(1円/時間|630円/月)にて、LAMPのテンプレートで立ち上げている(影響しているかどうか分からないがBBRも導入している)。
価格もエックスサーバーより安いのに、やるじゃないか。

さて、ConoHa VPS以外にもVPSは沢山あり、Amazonなども出している。どれも高くない。
ただ、VPSはレンタルサーバーより自由な反面、立ち上げや運営は色々と大変なこともある。そんな時はConoHa WINGというレンタルサーバーを借りるのも手である。同じConoHaの運営なので期待ができそうだ。

早くサーバー運営の腕を上げて嘘つきのエックスサーバーとおさらばしたい。

■sv2115.xserver.jp 以前のサーバーの増強について2017年より順次、同様に搭載メモリを増強する予定です。

本当にやるならやれよ.. 2年もずっと期待させやがって、ガッカリだわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA


スパム防止 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.