アーカイブ

‘ガジェット’ カテゴリーのアーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最強版 SIMフリーiPhone 6s

2016 年 3 月 20 日 コメントはありません

日本にいる時にはあまり関係ないですが、海外出張などでSIMフリーのiPhoneがあると助かりますよね。
iPhoneには同じバージョンでも、異なる型番が存在しています。
基本性能は同じでも、型番によって、対応周波数が違ったりするのです。
対応できる周波数が多いほど、より強いiPhoneと呼べます。
今回は、最強のiPhone 6sを調べてみました。

【最終結果】今年のiPhone 6s/iPhone 6s Plus最強モデル
1【最強モデル】.僅差でAT&T版A1633/A1634 CDMA、または、アメリカ・アップルストアで定価購入(SIMフリー)。【追記:2015年10月9日】アメリカのアップルストアで2015年10月9日から販売している「公式」SIM Freeモデルも、このモデル!アメリカ・アップルストア・オンラインショップでも2015年10月8日からこの「SIM Free」の選択が追加され、予約できるようになりました。
 - 事前予想に反して、嬉しい事に、技適マークがある!
 - もちろん、カメラシャッター音が消音出来る。
 - Verizon、Sprint、T-Mobile版および日本版よりもBand 30が多い。ただし、AT&T(または、そのMVNO)のSIMを使わなければ、あるいは、アメリカ国内でAT&Tにローミングしなければ、Band 30は関係無い。
 - KDDI au SIMでも使用可能。
 - AT&T版はオークションなどで未開封品を購入する場合、最初のiPhone端末初期アクティベートの時に初期購入者(=転売者)のソーシャルセキュリティ番号の下4桁と郵便番号(ZIPコード)を要求されることがあるので、そのリスクを理解する必要がある。(SIM Free版は、心配無用。)

最強のSIMフリーiPhone 6sはやはりA1688/A1687!?
A1688/A1687が最強。A1633/A1634は僅差で次点と考えました。
そんな中、当ブログのコメント欄に、「AT&T版入手済」様からご指摘をいただきました。
A1633/A1634で認証の表示が出るのは、米国、カナダ、EU、日本のみです。ところが、A1688/A1687はこれらの国はもちろん、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、メキシコ、ロシア、マレーシア、台湾、ブラジル、コロンビア、南アフリカ、UAE、コスタリカと多数の国を網羅しています。

う~ん、AT&T版A1633 CDMA & アメリカのアップルストアで定価購入(SIMフリー)とSIMフリーのVerizon A1688 CDMA & アップルストアで定価で購入したT-Mobile US A1688 CDMAのどっちでしょうか?!

USB PD と Quick Charge 2.0 を比べてみた

2016 年 3 月 9 日 コメントはありません

USBってパソコンからの出力がメインだったので、電力は5V/500mAでした。
しかし、スマホが普及し、バッテリーが肥大化、より多くの電力が必要になり、2A出力できる充電器なども登場していたのが昨今です。

そんな中、MacBookの充電はUSB-Cになったと言うじゃありませんか..
これってどういうこと? 電力足りんの?

そうこうしていると、今度は様々なスマホがQC2.0(Quick Charge 2.0)に対応してきたと言うことで、充電時間が大幅に短くなってる話まで..

モバイルバッテリーやUSBケーブルを輸入したりしていたので、ちょっと気になります。
調べて見ると、USB PD(Power Delivery)というのもあり、これは最大100Wまで対応するらしい。

やっぱりよく分からなかったので、USB PDとQuick Charge 2.0(Class A)を比較する形でまとめてみた。

項目 QC2.0 USB PD
策定 Qualcomm USB 3.0 Promoter Group
最大規格 9V/2A
12V/1.5A
12V/3A
12V/5A
20V/3A
20V/5A
充電器側 要対応(多い) 要対応(少ない)
ケーブル 一般のケーブル(通信もできること) 要対応
端末側 要対応(多い) 要対応(スマホではまだない?)

端末側が全てUSB-Cとなり、USB PDに対応してくれればいいのだが、まだ先になるだろう。
USB PD対応のACアダプタもまだまだ出ていないし、今は過渡期。
対応端末を使っているなら、QC2.0対応の充電器を使った方が良さそうだ。

追記(2017/03/21):
細かく電圧を変えるQuick Charge 3.0が出始めて間もないですが、今年くらいから新たにQuick Charge 4が出るそうです。4.0ではなく、4。
上記でも比較していた、USB PDと互換性を持たせるのだとか。一つのアダプタで、複数の急速充電に対応できるようなるようです。
Qualcommでは、「5分間の充電でスマホの通話時間を5時間伸ばせる」「Quick Charge 3.0より20%高速に、30%効率よく充電できる」と謳っています。
端末としては、Snapdragon 835が搭載された物からになるようです。
詳細はまだ不明ですが、PDとの互換性ってのは気になりますね。GoogleはUSBの規格に準じた物を要求しているようなので、今後はPDに統一されていきそうです。

カテゴリー: ガジェット タグ: , ,

iPhoneがこれから行く場所を予言した

2016 年 3 月 9 日 コメントはありません

出張した時に、出張用のiPhoneがこれから行く所(前の日にも訪れていた)を予言し、通知センターにそこに行くまでの時間を通知してきてびっくり。
プライバシーには注意しているつもりだったのだが、なぜそのようなことになったのか?

色々検索したが、答えが見つからなかった。
プライバシーに関係していると考え、 設定 > プライバシー > 位置情報サービス > システムサービス を見て、やっと分かった。


「利用頻度の高い位置情報」に訪れた場所のログが残っているのだ。
このログを見て通知を出したわけか..
ログを削除すると、通知は出なくなった。

iPhone、便利だけど怖いね。
FBIには情報を渡さないで欲しいわ。

カテゴリー: ガジェット タグ:

iPhone 6s PlusやiPad Air 3、iPad mini 4の図面を入手したよ

2015 年 7 月 11 日 コメントはありません

ちょっと前、ここにiPhone 6sの図面が出ていました。

さて、私の古い中国の友人がiPhone 6s PlusとiPad mini 4、iPad Air 3のサイズ寸法の分かる図面(設計図)を提供してくれたので公開します。



サイズ 高さ 厚み
iPhone 6 67.00mm 138.10mm 6.90mm
iPhone 6s 67.00mm 138.00mm 7.10mm
サイズ 高さ 厚み
iPhone 6 Plus 77.80mm 158.10mm 7.10mm
iPhone 6s Plus 77.94mm 158.00mm 7.30mm
サイズ 高さ 厚み
iPad mini 3 134.70mm 200.00mm 7.50mm
ipad mini 4 134.80mm 203.20mm 6.34mm
サイズ 高さ 厚み
iPad Air 2 169.50mm 240.00mm 6.10mm
iPad Air 3 169.50mm 240.00mmm 6.18mm

ちなみにiPhone 6cの図面も提供してくれたのですが、それは明らかにiPhone 5sだったので割愛しました。そのため、上記の情報も本当なのか疑わしいところです。
嘘か真実か、出所は? ..分かりません。

発表までのお楽しみってことで。

追記:
iPhone 6cってのが本当に出るらしくて、形状もiPhone 5sと同様になるという噂もあります。

カテゴリー: ガジェット タグ: ,

iPhoneタッチパネルの不具合の原因がやっと分かった

2015 年 4 月 19 日 コメントはありません

私はiPhone 5cを利用していますが、買った当初から不具合がありました。
それは、タッチパネルで、画面のスワイプを指でしばらく固定する(指を画面に置いたまま動かさない)と、画面がブルブル震え出し、それでも固定を続けると意図しない誤作動を起こす不具合でした。
原因が不明のため、ジーニアスバーに持ち込もう、交換させてやる!と思いましたが、いっつも予約がいっぱいでどうしようもないまま。クソですね。
ただ、ずっとおかしいわけではなく、不具合が出ない時もありました。

そして、今日、再びその不具合が起きました。それは空港の充電サービス(USB充電できる)を使った時です。
その時たまたま充電を止めたんです。そしたら、不具合が消えました。それでようやく分かりました。「充電の時に起きる不具合だったんだ!」と。

後は「iPhone タッチパネル 充電中 誤作動」とググりました。どうやら答えが出てきたようです。
純正でない、あるいはあまり良くない?充電器を使うと、充電中に静電気式のタッチパネルに不具合が出るらしい。
恐らく電圧不足や過多による影響、ノイズ、相性の問題などなのでしょう・・

ということでこの不具合は保証対象外になるのかな?
しかし、今まで使っていたiPhone4や4Sでは同じ問題は起きてないんですよ。

カテゴリー: ガジェット タグ:
スポンサーリンク